本文へスキップ

アマチュア無線 リモート運用

リモートトラブル編remote trouble

IC-705を電源ONのままにすることができない


<トラブル内容>
 RS-BA1 Ver2で「プログラム終了時に無線機の電源を切る」のチェックを外しても無線機の電源がOFFとなります。電源をONのままにすることは出来ないのでしょうか。
 
 <対策内容>
 RS-BA1 Remote Control Ver2で電源OFFする前に、Icom Remote Utilityで接続を切断するとIC-705の電源はONのままになるようです。

この状態でリモートデスクトップから「wsjtx」を起動すればFT8も運用可能となります。また、「JTDX」は無線機の電源ON/OFFのチェックボックスがあり、無線機の電源制御が可能です。

リモートデスクトップでシャットダウンした後で、RS-BA1で再接続し、通常手順で電源OFFすればIC-705は、スタンバイモードとなります。



IC-705がシャットダウンモードになり起動できない


<トラブル内容>
 IC-705とRS-BA1 Ver2でインターネット経由で運用していましたが、何かの拍子にIC-705がスタンバイモードからシャットダウンになってしまい、RS-BA1から2度と起動できません。
この状態からリモートでIC-705の電源を入れる事が出来ないでしょうか。
 
<対策内容>
 非常用の考え方ですが、サーバー側のWi-Fi接続に合わせて同時にUSB接続でサーバーPCを準備しておきます。

サーバーPCですることはあくまで今回の様にIC-705の完全な電源OFFの状態からの復旧としますので、Remote ControlソフトウェアUSBケーブル経由で直接IC-705を操作できる様に設定しておきます。これをリモートデスクトップから操作することで、IC-705の電源を復旧できました。

なお、IC-705については無線機側のリモート時のPOWER-OFF設定のに関係無く、一旦、Remote Controlソフトウェア側でON/OFFできれば以降はスタンバイ状態となります。