3年生のページ

 

6月

 6月の間、外に出てスケッチをしました。軒下で雨の絵を描くなど、6月を感じながら描くことができました。さて次は、画用紙に向かいます。今回初めて、粉絵の具を使ってみることにしました。粉状の絵の具を水で溶いて使います。粉の段階で色を混ぜるので、混色しやすい絵の具です。今回、溶く水に洗濯のりを混ぜたものを使用しました。絵の具の硬さの幅が広がります。ここでは色作りが目的なので、画用紙に作った色をのせて楽しみました。
 そしていよいよ「わたしの6月の絵」を描きます。素になるのは自分のスケッチ。かきたいものに合わせて色を作ります。子どもたちの作品、青だけ、緑だけ見比べても様々です。どんよりした空、色、塗り方、それぞれの表情が面白いですね。“わたしの色”で描いた「わたしの6月の絵」いかがですか?