<表紙> <ご案内> <販売方法>
フェロモントラップについて
<<目的>>
害虫の発生状況を知り、害虫の適期防除に役立てる


5月2日
害虫の発生状況を知るために、メスのフェロモンのついた粘着板を設置し、週1回の調査を始めました。
害虫の種類
・キンモンホソガ
・モモシンクイガ
・ナシヒメシンクイ
以上の3種類の調査
成虫が 葉の裏へ卵を産み、羽化して葉や果実を食べる。

6月20日
発生が多くみられた。
約25〜30匹の成虫

7月6日
モモシンクイガが10匹とやや多くなりつつあります。
ナシヒメシンクイは3〜6匹のくらいでした