【企業向け】信州省エネパトロール隊

◆事業内容

❶省エネルギー診断業務
中小製造業、オフィスビル、商業施設、宿泊施設、病院、公共施設等の設備の「省エネルギー診断」を、 隊員4~5名が現場にうかがって実施し、具体的な改善事項を提案、 診断後、報告書を作成して送付します。
※年間40社程度実施
受診事業所には「省エネ事例集」を差し上げます!

診断の対象となる設備
照明器具、空調設備、生産設備、ファン・ポンプ、コンプレッサ、
受変電設備、エネルギー供給設備他。
診断時間
約3~4時間(半日)
受診料
無料
申込方法
診断を希望する企業・団体は、下記の信州省エネパトロール隊事務局あてに診断申込書を提出してください。
☞診断申込書(PDFWord

 

❷省エネルギー講習会の開催
企業等のエネルギー管理担当者等を対象に、施設・設備の省エネルギー対策の取組み方法や、 省エネ関連法等の説明を実施します。※年2回程度実施


◆パトロール隊の構成

 

◆期待される効果

平成12年10月に、長野県経営者協会及び長野県環境保全協会の諏訪支部に入会する企業から派遣された省エネルギー専門家が、「諏訪地域省エネパトロール隊」を結成し、42の企業の省エネルギー診断業務を実施してきました。

平成17年6月に、この取り組みを全県に広め、県内の事業所全体で省エネを進めていくために、「信州省エネパトロール隊」が発足しました。当初製造業を中心に省エネ診断を実施してきましたが、他の業種からも要望があり、病院・宿泊施設・商業施設・百貨店・報道関係・官公庁など多くの事業所の省エネ診断を進めてきました。

平成28年4月1日現在で、開始から通算400を超える事業所の診断を達成しました。

中小企業の多い長野県において、省エネを推進する「人・技術・情報」が求められる中、実際の現場で省エネ診断を実施し、費用対効果を具体的に提示する活動は、企業の環境対策とマネジメントの両面で成果があがっています。また、企業の枠を超えて蓄積されたノウハウを相互に提供しあうことで、無駄を省いた経済的な改善提案をすることで、これまで受診した企業から高い評価を受けています。