プチ・プラレス生活➋天然素材の歯ブラシ

『FRAU』SDGs特集号(2020/7/29発売)に触発された「プチ・プラレス生活」の必需品。
第2弾は「天然素材の歯ブラシ」です。

巻末綴じ込みの「LESSON BOOK for PLASTIC-LESS LIFE("プラスチックレス生活"の教科書)」 のアンケート結果にあるとおり、私が歯ブラシを選ぶ基準は、まずは「ヘッドの小ささ」「毛の硬さ」であって、「天然素材であること」は入っていませんでした。
使用済みの歯ブラシは、蛇口まわりの掃除に使った後は、ゴミ箱へポイ。
年間4~5本は確実に捨てます。

よし、では「天然素材の歯ブラシ」を探そう!
調べてみると、せっかくハンドルは竹やバイオマス素材でも、ブラシがプラスチックだったり、逆にブラシは天然の馬毛・豚毛なのに、ハンドルがプラスチックだったり……。
でも、ついに見つけました👀
ハンドルはバイオマス+竹繊維、ブラシは天然毛(豚毛)のものを!
パッケージには、「竹の繊維からできた 燃やしてもCO2の増加もなく 自然に戻る 環境にやさしい歯ブラシ」とあり、"地球に還る"素材につき2年の"使用期限"が設けられています!

これまで使ってきたものより毛は硬めですが、歯間に入る感じも心地よく、強いのか、毛がピンピンはねて反ってしまうことも当分なさそうです。ハンドルも滑らかで持ちやすい。
これはリピート買い間違いなしです。
ちいさな買い物ですが、これもプラレス生活の"初めの一歩"。[YT]

2020年09月07日