レポート✍推進員オンライン研修会開催(12/16)

12/16(水)14時~、令和2年度長野県地球温暖化防止活動推進員研修会 兼 信州環境カレッジ協働講座『長野県気候危機突破方針~県民の知恵と行動で「持続可能な社会」を創る~』を開催しました。
新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、初めて「zoom」によるオンライン形式にしたため、参加される方がスムーズに視聴いただけるよう、開催2日前には接続テストを実施して臨みました。
会場参加の方には、入退室時のアルコール消毒、通常より距離をとった座席配置、換気などの対策をとった当協会2F会議室にお集まりいただきました。
当日の参加者は、➀オンライン参加16名、➁会場参加4名でした。

◆講座内容

◇2050ゼロカーボン社会の実現に向けて
  長野県 環境部 環境政策課 ゼロカーボン推進室 柳原 健 室長
「気候危機突破プロジェクト」について、「コンパクト+ネットワークまちづくりプロジェクト」「地域と調和した再エネ普及拡大プロジェクト」「健康エコ住宅普及促進プロジェクト」「県庁舎ゼロカーボンビル化・長寿命化プロジェクト」「SDGs&ESG投資促進プロジェクト」「ゼロカーボン実現新技術等促進プロジェクト」「世界標準のRE100リゾートプロジェクト」など具体的に説明いただきました。

(Zoom画面)

◇冬の省エネについて
  長野県地球温暖化防止活動推進員 宮原 則子 推進員
         同        宮澤  信 推進員
コロナ禍の中、県地球温暖化防止活動推進員有志により、ウェブ会議などで作成した『[信州版]省エネガイドブック』に基づき、解説していただきました。また、宮原推進員には、11/20(金)、安曇野市立明南小学校5年1組で行われた「2050ゼロカーボンチャレンジ」の出張授業についても報告いただきました。

(会場風景)

◇質疑応答
事前にお寄せいただいた質問の他、「チャット」からも質問・感想が多数寄せられ、司会者が紹介しつつ、講師の方々にお答えいただきました。

2020年12月18日