🎥地球温暖化意識啓発アニメ試写会を行いました

 今月は環境月間🌱ということもあり、6月7日(木)10時~と14時~の2回に分けて、「〈研修会〉地球温暖化の意識啓発アニメ『ガラスの地球を救え!』試写会」を行いました。
 このアニメは、小中学生を対象に、地球温暖化の意識啓発を目的として環境省によって製作されたもので、「地球との約束」(小学校高学年向け)、「私たちの未来」(中学生向け)の2種類(ともに約30分)あり、環境省や地方自治体や教育機関と連携して開催される“上映会”等を対象に貸し出されます。

 長野県でも、推進員をはじめ環境に携わる方々が、市町村等と連携した“環境イベント”、学校と連携した”環境授業”等を実施される際、温暖化防止啓発アニメの上映も選択肢のひとつとして可能性があるかと思い、まずは、どんな内容のアニメーションか視聴してみようと、長野市の主催で実現したものです。

 手塚治虫氏のメッセージをコンセプトにした本作には、「ジャングル大帝」を彷彿とさせるライオンの親子が描かれたり、アッチョンブリケのポーズがあったり、笑いの要素も散りばめつつ、迫力いっぱいのシリアスなシーンもあり、豪華な声優陣の熱演で、高橋優さんの心に沁みるテーマソングのエンディングまで、短時間に凝縮された内容でした。
 地球温暖化について、小学生には、中学生には、どのくらいまで掘り下げて伝えたらよいのか--、考える好機となりました。


2018年06月11日