推進員の委嘱式を行いました。

 6月23日に長野県の主催で、第8期長野県地球温暖化防止活動推進員(任期:平成29年6月1日~31年5月31日)の委嘱式が県庁で行われ、中島恵理・副知事から委嘱状が手渡されました。
 中島副知事から「アメリカのパリ協定離脱表明にかかわらず、断固として気候変動対策に取り組むという世界の大きな潮流は変わらないものと認識していますし、長野県でも地球温暖化防止への取組をより一層推し進めていきますので、推進員の皆様のご協力をお願いいたします」と挨拶がありました。
 委嘱式に続き、県センターの主催で、慶応義塾大学政策・メディア研究科の小林光特任教授の「地球とつながる暮らしのデザイン(楽しい「羽根木エコハウス」生活)」と題した講演会を行いました。
 最後に交流会も開き、推進員の皆様と市町村・県地域振興局の職員との活発な意見交換がなされました。

2017年06月26日