information

12月は地球温暖化防止月間&大気汚染防止推進月間

環境省では、平成9年12月に京都で開催されたCOP3(気候変動枠組条約第3回締約国会議)を契機として、平成10年から12月を「地球温暖化防止月間」と定め、全国で地球温暖化防止に関する普及啓発活動を集中的に実施しています。


また、例年、12月は自動車交通量の増加、ビルや家庭の暖房の他、気象条件の影響等により、大気汚染物質濃度が高くなる傾向があります。環境省では、毎年12月を「大気汚染防止推進月間」として、きれいな空を守ることの大切さを呼びかけています。
☞詳しくはこちら(環境省)


2017年11月14日

🚘11月はエコドライブ推進月間

環境省では、警察庁、経済産業省、国土交通省と連携する「エコドライブ普及連絡会」で環境負荷の軽減に配慮した自動車の使用「エコドライブ」の普及啓発を行っています。
行楽シーズンであり自動車に乗る機会が多くなる11月を「エコドライブ推進月間~地球と財布にやさしいエコドライブを始めよう~」とし、全国各地で様々なシンポジウムやイベントなどが開催されます。

☞詳しくはこちら(環境省HP)

△環境省広報誌「エコジン」(2017年10・11月号)24頁より


2017年10月01日

「信州発もったいないキャンペーン」スタート💨

もったいない!!まだ、食べられるのに!「信州発もったいないキャンペーン」

長野県は、2年連続となった「ごみ減量日本一」を継続し、一般廃棄物1人1日当たり排出量800g以下を達成するため、主旨に御賛同いただいた小売事業者と連携して「信州発!もったいないキャンペーン」を行います。
消費期限、賞味期限間近な割引商品を購入し、使い切ることは、環境にやさしい行動です!


☞詳しくはこちら(信州ごみげんねっとHP)

2017年09月29日

10月は環境にやさしい買い物月間

環境にやさしい買い物とは…?

環境に配慮しながら消費生活を工夫し実践する、以下のような取組のことです。
環境ラベル(マーク)の付いた商品を選びましょう。
地域で生産された商品を買いましょう。
マイバッグを持参し、レジ袋を使わないようにしましょう。 こまめ
包装はできるだけ少ないものを選びましょう。
再利用できる容器つめかえ製品を選びましょう。
長く使えるものを選びましょう。
省資源・省エネルギーのものを選びましょう。
☆古紙使用のトイレットペーパーなど再生品を選び ましょう。  


☞詳しくはこちら(長野県HP)

2017年09月29日

♻10月は3R推進月間

●ご存知ですか?3R

Reduce(リデュース):廃棄物の発生抑制<物を大切に使おう。ごみを減らそう。>
Reuse(リユース):製品・部品の再使用<繰り返し使おう。>
Recycle(リサイクル):再生資源の利用<再び資源として利用しよう。>


経済産業省を含む3R関係8省庁では、3R推進に対する理解と協力を求めるため、毎年10月を「リデュース・リユース・リサイクル推進月間(略称:3R推進月間)」と定め、広く国民に向けて、普及啓発活動を実施しています。
☞詳しくはこちら(環境省HP)


☞レッツゴー!3R(3R普及啓発映像)はこちら(経済産業省HP)

2017年09月26日

🚍9/20はバスの日🚌

9/20はバスの日
今から114年前の明治36年(1903年)のこの日、日本初の営業バスが、京都市(堀川中立売~七条~祗園)を走ったことに由来するそうです。
当時は、蒸気自動車を改造した、ホロなしの6人乗りの車両。
公益社団法人日本バス協会のHPに、ぎゅうぎゅう詰めに乗客が座る当時の写真が掲載されています。
☞詳しくはこちら(公益社団法人日本バス協会HP)

9/22はカーフリーデー
都市生活と車の使い方の問題について考える日として、世界の約2000都市で、この日1日、都市中心部へのマイカーの通行規制が行われます。

🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌🚈🚌
自動車等運輸部門から排出される温室効果ガスの削減対策の一環として、長野県では「県下一斉ノーマイカー通勤ウィーク」を毎年実施しています。


2017年09月01日

☀9月はオゾン層保護対策推進月間

●9/16は国際オゾン層保護デー


オゾン(O3)は地表から約10~50km上空の成層圏に多く存在しており、このオゾンが多く集まる層のことを「オゾン層」と呼びます。このオゾン層は、太陽光に含まれる有害な紫外線の大部分を吸収し、地球上の生物を守るバリアとなっているのですが、フロンなどの物質によってオゾン層の破壊が進み、南極上空では毎年8~12月頃にオゾンホール(オゾンの濃度が極端に減った状態)が観測されています。

フロンは安価で扱い易く、人体へも害が小さいため、冷蔵庫やエアコンの冷媒や、スプレーの噴射剤などに使用されてきましたが、オゾン層の破壊が確認されてからは世界的に生産が規制されるようになり、オゾン層を破壊しない代替フロンと呼ばれる物質が開発され、様々な用途に使われています。
しかし、フロン、HFC(ハイドロフルオロカーボン)などの代替フロンは、いずれも強力な温室効果ガスなので、排出の抑制が必要です。

オゾン層保護のマスコットキャラクター「太陽小僧」

☞詳しくはこちら(環境省HP)

2017年08月29日

9/24~10/1は環境衛生週間

清掃の日」から「浄化槽の日」まで8日間の期間中は、各地で、廃棄物の減量化・リサイクル、ごみの散乱防止、公共施設の清潔の保持などの啓発活動が実施されます。
長野県では「きれいな信州美化キャンペーン」と称し、「信州デスティネーションキャンペーン(信州DC)でにぎわう観光地における環境美化活動に、『おもてなし』の気持ちで参加してみませんか?」と呼びかけています。

2017年08月23日

🐜ヒアリにヒヤリ!?

このイベントは終了しました。

当センターの入る82プラザの1F「ギャラリープラザ長野」では、
写真展「妙高戸隠連山国立公園の生きものたち」が開催されています。

環境省の職員によって撮影された写真などがたくさん展示されているなかに……
今、世間を騒がせている<ヒアリ>がの実物標本が!!!!
一見の価値あり、ぜひあなたの目で実際にお確かめください👁

※「ヒアリにヒヤリ」は、来場者の感想ノートに記されていた言葉です。

●開館時間:10時~16時 ※休館日:土日祝および8/14(月)~8/16(水)
●会期:2017年7月28日(金)~8月22日(火)

☞詳しくはこちら(八十二文化財団HP)

2017年08月02日

7/23〜8/23は打ち水強化月間💦

毎年、エコアクションをテーマに、世代を超えた地域コミュニケーションを活性化させる活動として、「打ち水大作戦」が展開されています。

暑い夏を涼しく過ごす知恵として、日本では昔から打ち水をしてきました。
アスファルト舗装の道路や駐車場などは日中に熱を蓄えてとても熱くなっていますので、打ち水をすると熱を冷ますことができます。

●実施期間
大暑7/23(日)~処暑8/23(水)
※特に8/4(金)正午~「一斉打ち水」

注意点
❶水道水を使わず、雨水や二次利用水(お風呂の残り水、エアコンの室外機から出る水など)を使う。
❷安全のためにクルマ通りの多い場所へは水をまかない。
❸特にカーブの途中・交差点・マンホールの上は、自転車・バイクが滑りやすくなり危険なので、絶対に水をまかない。

☞詳しくはこちら(打ち水大作戦2017HP)


💦善光寺打ち水事業
8/4(金)15:00~16:00(約1時間程度)
@善光寺仁王門~仲見世通り~善光寺境内
【お問合せ】長野商工会議所女性会 📞026-227-2428

💦「打ち水大作戦」(千曲)
8/5(土)14:00~14:45
@屋代駅前ロータリー
【お問合せ】千曲商工会議所女性会・千曲市地球温暖化対策協議会� 📞026-272-3223

💦篠ノ井駅前打ち水事業
8/7(月)13:00~14:00(1時間程度)
@篠ノ井駅前通り両側歩道酒井医院~すぐじ書店・Y'sビルまで
【お問合せ】長野商工会議所女性会篠ノ井支部 📞026-292-0808

2017年07月11日

8/1は水の日・洗濯機の日

国土庁(現在の国土交通省)が1977年、
1年を通して8月が一番水を使う量が多い月であることから、
その月の最初に節水を呼びかける為にこの日を記念日として制定したそうです。
さらに、8月1日を初日とする一週間を「水の週間」とし、
この間、全国で水に関する各種の行事を実施しています。

「洗濯機の日」は、「水の日」に合わせて記念日とされています。

2017年07月10日

7/7(七夕)はクールアース・デー🎋

天の川を見ながら、地球環境の大切さを日本国民全体で再確認し、
年に一度、低炭素社会への歩みを実感するとともに、家庭や職場における取組を推進するための日。
2008年のG8サミット(洞爺湖サミット)が日本で7月7日の七夕の日に開催されたことを契機に、
毎年7月7日が「クールアース・デー」と定められたそうです。

☞ライトダウンキャンペーンについて詳しくはこちら

2017年06月21日

CO2削減/ライトダウンキャンペーン🌠

ライトダウンする夜は、みんなが地球を想う夜。

長野県では、地球温暖化防止の一環として、環境省の提唱のもと、
ライトアップ施設や家庭の照明を消していただくよう呼び掛ける
「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を、毎年実施しており、
今年は6月21日(水)~7月7日(金)に実施します。
6月21日(夏至の日)7月7日(クールアース・デー/七夕
両日の夜8時から10時までの2時間は、特別実施日として設定されています。

☞ライトダウンキャンペーンについて詳しくはこちら(県HP)

2017年06月21日

📺「COOL CHOICE TV」で長野県の動画を見よう👀

環境省の「COOL CHOICE TV」に長野県の動画が10本アップされています。

🌐うちの◯◯がヤバい!
 信州産米に迫るピンチ!お米の等級を落とす原因とは?
 りんごの出荷を遅らせる!果実の“着色不良”とは?
🌐近い将来消える!?モノ
 冬の風物詩“御神渡り”が幻に!?変わりゆく諏訪湖の自然
🌐みんなの知らない長野の異変
 冬の風物詩“寒天作り”に地球温暖化が与える影響とは!?
 増えていくドングリの木。変わりゆく里山の景観
🌐地球を冷ませ
 美しい自然を守り、満喫する。高原を走る電気自動車
 保育園をやさしくあたためる〈ヒートポンプシステム〉
 雪を”かわして”発電!豪雪地帯の手作り発電所
 みんなで行う「COOL CHOICE」!南木曽町の取り組み
 放置された資源を有効活用。豪雪地帯の地球温暖化対策!

☞視聴はこちら(環境省HP)

2017年06月15日

6月は環境月間🌱6/5は環境の日

昭和47年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念し、国連では6月5日を「世界環境デー」と定めており、日本では「環境基本法」(平成5年)が「環境の日」を定めています。
平成3年度から6月の1ヶ月間を「環境月間」としており、6月中は、関係府省庁や地方公共団体などにより全国で様々な行事が行われます。
☞環境月間ポスターのダウンロードはこちら(環境省HP)

🌱長野県の取組
☞環境月間の関連行事等の一覧(PDF)はこちら(県HP)

CO₂削減/ライトダウンキャンペーン 6/21~7/7
地球温暖化防止の一環として、環境省の提唱のもと、ライトアップ施設や家庭の電気等を消していただくよう、呼びかけています。
☞県内各地の関連イベントはこちら(県HP)
❷アイドリング・ストップ運動
車の排出ガスによる大気汚染や地球温暖化、また、騒音の防止を図るため、
停駐車中のエンジンのかけっぱなしを、できるだけやめようと呼びかけています。
☞詳しくはこちら(県HP)

2017年05月29日

水道週間(6/1~6/7)

1959年(昭和34年)に厚生省(当時)により制定され、水道を中心に「水」、特に飲料水、家庭用水に対する認識を高めることを目的としています。
第59回の水道週間スローガンは、「あたりまえ そんなみずこそ たからもの」。
☞水道週間ポスターのダウンロードはこちら(公益社団法人日本水道協会)

家庭から出る二酸化炭素の排出量の割合を見ると、燃料別でも用途別でも、水道は2.2%を占めています。
はるか水源からわが家の水道の蛇口まで、長い長い旅をする過程で、エネルギーを使い、二酸化炭素を排出しています。省エネ・節電と同様、節水も、温暖化防止には必要です。
☞詳しくはこちら(長野県HP「水道水のたんじょうまで」)

2017年05月29日

5/30はごみゼロの日

ごみゼロの日は、日本で美化活動とともに、ごみの減量化と再資源化を促す啓発活動を実施するための記念日。「ご(5)み(3)ゼロ(0)」の語呂合わせに由来します。

🍙長野県は、ごみ排出量の少なさランキングで2年連続“日本一”になりました!\(^o^)/!
長野県では、県民、市町村の皆様と「しあわせ信州創造プランの目標」として、「1人1日当たりごみ(一般廃棄物)排出量 800g以下(平成29年度)」を目指し、引き続き、ごみの減量に取り組んでいます。
“チャレンジ800”ごみ減量推進事業について詳しくはこちら(長野県HP)

🍙さらに、長野県では食品ロス(まだ食べられるのに捨てられてしまっている食品)の削減を目指し、「食べ残しを減らそう県民運動~e-プロジェクト~」を実施しています。
宴会では「残さず食べよう!30・10(さんまる・いちまる)運動」
これは、乾杯後の30分間、お開き前の10分間は、お酌などで席を離れず、自分の席で料理を楽しみ、食べ残しを減らそう!というキャンペーンです。
☞「食べ残しを減らそう県民運動~e-プロジェクト~」について詳しくはこちら(長野県HP)

2017年05月16日

5月は自転車月間🚲5/5は自転車の日

免許がいらない。排気ガス(CO2)や騒音を出さない。無理なく有酸素運動ができる!
自転車は、もっとも身近で”環境にやさしい”乗り物。
そんな自転車の活用、安全かつ快適に自転車が利用できる環境づくりを進めることで、自然豊かで人間味あふれる社会をつくる運動を、「BIKE(バイク=自転車)」×「Ecology(エコロジー)」で「Bikelogy(バイコロジー)」というそうです。
風薫る五月はサイクリングでエコしませんか。

☞この記事は(一財)日本自転車普及協会HPを参考にしました。
☞「移動」を「エコ」に。スマートムーブ についてはこちら(COOL CHOICE特設ページ)

2017年04月28日