文部科学省&気象庁●「日本の気候変動2020-大気と陸・海洋に関する観測・予測評価報告書-」

文部科学省と気象庁は、日本における気候変動対策の効果的な推進に資することを目的として、 日本の気候変動について、これまでに観測された事実や、 今後の世界平均気温が2℃上昇シナリオ及び4℃上昇シナリオで推移した場合の将来予測(※)をとりまとめ、 2020年12月4日に「日本の気候変動2020 —大気と陸・海洋に関する観測・予測評価報告書—」として公表しました。
※それぞれ「パリ協定の2℃目標が達成された世界」と「現時点を超える追加的な緩和策を取らなかった世界」であり得る気候の状態に相当。

概要版、本編、詳細版の3タイプ、ダウンロードできます。ぜひチェックしてみてください。
☞ダウンロードはこちら(気象庁HP)

2020年12月21日