🎏五月鯉

県センターのご近所の提灯屋さんのビルの上で、毎年、こいのぼりが泳ぎます。
まさに、歌のとおり、屋根より高い!
今日も、青空をバックに大きな口を開けて悠然と風をはらんでいました。

〇おもしろくふくらむ風や鯉幟(正岡子規)


先日、紅白のハナミズキをご紹介しましたが、今度は紅紫色と白のツツジが見頃となりました。
ツツジは漢字で「躑躅」。
花なのに足偏、一見「髑髏💀」と間違う強面の熟語(読みは「てきちょく」)の意味は、「 二・三歩行っては止まること。躊躇」。
見る人の足を引き止めるほどの花の美しさから、とも、中国の羊が食べて「躑躅」の状態になる毒性のツツジ「羊躑躅」が由来とも言われているそうです。


サツキとも混同してしまいますが、サツキはサツキツツジの略称で、旧暦の五月(皐月)に咲くことからその名がついたそうです。
このブログのタイトルも最初「五月晴れ☀」としていたのですが、念のため調べたところ、五月晴れの五月も旧暦で、梅雨の合間の晴れ間を指す、とのこと。
ちなみに、「ああ、もう五月蠅(うるさ)いなぁ」の五月も旧暦だそうです!
そろそろお後がよろしいようでー。 [YT]

2017年05月08日