🌸満開の桜の下で

入学式に桜が咲くなんて、TVの東京のニュースの話で、長野県では想像もしていませんでしたが、
一昨日・昨日は、満開の桜がヒラヒラ舞うなか、県下で一斉に入学式がとりおこなわれました。

今年の桜は、開花予報が更新される度に開花日がどんどん早まりました。
気象庁の発表によれば、結局、長野の「さくらの開花日」は平年よりも11日早い4月2日。
「満開日」も、平年より11日早い4月6日となりました。
各地の桜まつりも予定を前倒しにするなど、異例の事態です。

かと思えば、「うめの開花日」は、平年より11日遅い3月28日でした。
梅も桜もほぼ同時に一気に咲きそろったといえます。

写真は、長野市・柳町公園の桜。

2018年04月06日