飯綱を中心とした四季と食

春 (spring)

いいづなリゾートスキー場もシーズンを終え、いよいよ飯綱東高原にも木々の芽吹きと共に花の季節がやって来ます。雪解けが終わると水芭蕉福寿草水仙リュウキンカこぶし山桜二輪草と、4月中旬から5月上旬にかけて色々な花が咲き始めます。その中でも最近注目されて来たのが、スキー場横にある水芭蕉群生地袖之山のしだれ桜地蔵久保の大山桜丹霞郷の桃の花です。ゴールデンウィーク前半頃が見頃です。(年によっては多少前後する場合があります)
5月から6月にかけて、いよいよ山菜採りシーズンの始まりです。代表的なところでは
こしあぶらたらの芽こごみ行者にんにくふきのとうわらび根曲がり竹の子等色々な山菜が採れ味わうことが出来ます。また自家栽培のアスパラもとても甘くて美味しいです。
夏 (summer)

7月になるとラベンダーが咲き出します。そして高原野菜の産地でもあるここ飯綱東高原では、7月中旬から10月頃まで自家栽培の採れたて有機野菜を美味しくいただく事が出来ます。また8月上旬位から他では味わうことが出来ないくらい、とても甘くて美味しいとうもろこしを食べることが出来ます。そんな野菜とうもろこしを使って夏場は、星空を見ながらの野外バーベキューは最高!夜はとても涼しいから、都会の暑さを忘れさせてくれますよ!
熟睡間違いなし)そうそう8月の中旬になると丹霞郷のの花に実がつき美味しいが出来ます。(絶対お土産に買わなきゃ) 秋の足音がすぐそこまで来ると黒姫高原スキー場では、色とりどりのコスモスが100万本もの花をつけ始めます。

秋 (autum)

食欲の秋、紅葉の秋がいよいよ始まります。とうもろこし野菜もまだまだ美味しいですが、9月下旬になるとりんごのつがるが収穫時期を迎えます。その後農家の人たちにとっては休むひまなく稲刈りが待っています。10月も中旬を過ぎると山のきのこが採れるようになりま
す。代表的なところではくりたけ地なめやぶたけきんたけむらさきしめじしもふり色々な種類が沢山あり味も様々です。きのこと一緒に紅葉も高い山から下の方へ色ずいてきます。11月上旬位まで見頃です。紅葉が終わりかけると、りんごの王様ふじの収穫時期になります。それと同時にりんごの木のオーナーさんが1泊2日で収穫に来ます。

冬 (winter)

いよいよスキーシーズンの始まりです。12月中旬頃になと
白い雪の妖精がここいいづなリゾートスキー場や飯綱東高原を真っ白に包んでしまいます。
一面銀世界になると、待ちかねたスキーヤーやボーダーがゲレンデへと繰り出します。リゾートは初心者から上級者まで、ファミリーから学生のポール合宿基礎スキー合宿,一般のスキーヤーやスノーボーダーまで幅広く来て頂いています。雪がある程度積もると人口モーグルバーンボードアイテムも充実し、整備されています。動く歩道(キッズパーク入場料600円)子供達のそり遊び初心者のスキー,スノボーの練習にと喜ばれ、ファミリーには特に大人気です。また、ナイター(距離2000m)は21時40分まで営業しています。冬の食と言えばなんと言っても鍋が最高

ホームページの感想やお問い合わせはメール又はTELにてお待ちしております

〒389−1226
 長野県上水内郡飯綱町大字川上2755−68
マウンテン・ヴィラ タキハウス
TEL:026-253-3198
FAX:026-253-2474

トップページへ

次のページへ

ご予約申し込みのお客様はこちらをクリックして下さい
(予約申込書が表示されます)