戻る

3月の掲示板も見よう

 今日の木島平スカイスポーツエリアの様子をお知らせします。

3月初日へ

3月31日(日) 天候 晴れ〜曇り 南0〜1m/s 後 北〜西2〜6m/s ○

 ウィンターシーズン最終日。雪も少なく、汚れています。LDは、半分テニスコートが
出ています。なんとか雪がもったという状況です。
 10時に山頂TOに。この頃から、少しずつ北風が入り始めました。10時半、
堀口さんが、テイクオフ。穏やかにぶっ飛び。皆さんは、それを見て、ゆっくり
山頂に上がってきます。11時半頃から、渋いソアリング。12時半頃から
楽々ソアリング。+100m、30分〜45分。1時頃から、雲が張り出し、
北風が4〜5m/sと強くなって来ました。1時半頃、少しでも、弱めの時、
崎さんが、テイクオフ。前にでるだけで、+100mに。それから、強い風の中、
1時間、おっぱい山からやまびこ公園と移動していました。山頂TOでは、北風
5〜6m/sとなり、ずっと崎さんの飛びを見ながら、ウェイティング。
3時頃、多少弱まって、北風3〜5m/s。畔上さんが、テイクオフ。前に出て、
早めに降ろしていました。しばらくして、浜井さんがテイクオフ。前に出て、
すぐ翼端折り。5分程、上にも下にも、前にも出ない状況。ずっと辛抱。
やがて、徐々に前に、またゆるやかな沈下。辛抱、辛抱のフライトとなりました。
杉原さんは、その後、北風が5〜6m/sとまた強くなってしまったので、
飛ばずに下山しました。残念でした。ウィンターシーズンの最後のフライトは、
浜井さんの辛抱のフライトでした。お疲れ様でした。
 ソアリングができたウィンターシーズン最終日でした。
 皆さん、ご利用ありがとうございました。
 グリーンシーズンもよろしくお願いします。


3月30日(土) 天候 雨〜晴れ 南0〜1m/s 後 北西〜南西1〜3m/s △

 天気予報では、朝に雨が上がり、その後、晴れるとの事でしたが、
11時頃まで雨が降っていました。その後、雨が上がりましたが、今度は、
山頂TOは、ガスに包まれました。
 昼頃、高橋(尚)さんが来て、様子見となりました。1時頃から、ポールバーンで、
買ったばかりのシグマ5の立ち上げ。サイドフォローの風で、厳しい中、2本飛んで、
終了となりました。
 2時頃に、山頂までクリアーになりましたが、フォローの風で出れない状況。
それよりも、山頂リフトは、朝から運行していません。
 午後ポールバーンを飛びましたがという日でした。


3月25日(月) 天候 晴れ 北0〜2m/s 後 北〜北西0〜2m/s ○

 体験が、2名ありました。昨日の午後2時頃、スクールに来たので、説明と
立ち上げだけで終了となってしまい、今日に持ち越しとなっていたのです。
 今日は、朝から天気もよく、風も講習には、グッドでした。10時に受付け。
その後、ビデオにて、昨日の復習。LDで立ち上げ1、2回と思っていたのですが、
今日は、ポールバーンが2レーンしか使用していなく、パラに使用するレーンが
空いていたので、早速リフトで、ポールバーン上部へ。ラッキー。
1本目は、ややTOを下げて、高度差60mから。2人ともまったく、びびるそぶりなし。
イエーイです。さすがに、テイクオフ直前には、緊張していましたが、臆することなく、
しっかり走って、見事にテイクオフ。1本目からフライトを楽しんでいました。
 2本目は、定位置の高度差70mから。1本飛んだので、余裕です。
しかし、力が入り過ぎ、1人の方は、テイクオフで顔からこけてしまいます。
ま〜、お約束でしょう。気持ちいい〜フライト。
 3本目は、ポール練習の人達がお昼休みでいなかったので、ポールのスタート位置の
高度差80mから。また、1人の方から相棒より浮きが悪いと目で訴えられていたので、
体重差を考え、安定したいい条件だったので、サイズ変更して、フライト。
2人とも、体験なのに、12〜13m浮いて、500m程滑空しました。どっ気持ちいい〜。
 15分程、一服して(当然彼女達)、1時から4本目。すでに、ポール練習が
始まっていたので、定位置から。楽々フライト。そして、5本目も定位置から
さよならフライト。2時終了。
大満足の体験フライトとなりました。こんなに飛ばしていいのだろうか。
冬の体験は、条件がいい日だと楽しく飛べます。リフトで楽々移動。高度差30m〜
80mとその人にあった高度を選べます。平日の体験がお薦め。
 山頂TOからは、1時頃来た藤沢さんが飛びましたが、風がなく、穏やかな
ぶっ飛びでした。講習生には、非常によい条件でした。
 楽しく体験ができたという日でした。芳賀さん、大西さん、また遊びに来てください。


20歳と21歳の鼻ピアスのボーダー。お2人ともそれはそれは、かわいい子でしたよ。


3月24日(日) 天候 晴れ〜雪 南1〜2m/s 後 北2〜5m/s ○

 朝から晴れ。天気予報では、昼頃から北風が入りだし、飛べそうだが、
気圧の谷の通過で、午後には崩れるという予報。11時頃から2時頃までが
勝負という予報である。E.G.G.カップは、出来そう。
 皆さん、9時半頃から集まり始め、ショップで様子見。清水は、10時頃、
山頂TOへ。まだ、南風であった。10時半頃から風が変わり始まる。
11時頃から北風が入りだす。11時半頃から、山頂TOオープン。
E.G.G.カップ開始。今日は、申告セットタイム&ターゲット&風船ターゲット。
 前半の人は、10分〜15分のセットタイム。1時頃から曇ってきて、風も
3〜5m/sと強くなってきたので、後半の人は、20分〜30分のセットタイム
でした。栗栖さんは、試乗機のオクターンSを5kg程オーバーで乗って、大会に
出てましたが、強めの風で、ぶりぶり飛んでいました。気持ち良さそうに、
旋回しています。SATでもするのかと思うほど。杉原さんが、試乗したいと
言う事で、取り寄せたのに。
 久しぶりに来た熊井さん、中野の田尻さん、崎さんは間に合い、ソアリング。
また、2本目の遠山さん、堀口さん、清野さん、浜井さん達も間に合いました。
1時半頃からどんどん崩れてきて、風が強くなり、雲底が下がってきて、
山頂TOにガスがかかり始めます。2本目の柳沢さんは、ぎりぎりテイクオフできて、
ソアリング。しかし、小山代表も久しぶりに飛びに来たのですが、譲り過ぎて、
ガスがかかり待っているうちに、雪となり飛べませんでした。2時半頃クローズ、
下山。
 E.G.G.カップは、無事成立しました。3割引券は、猪里妙子さんへ。
おめでとうございます。
 天気予報通り、11時から2時までソアリングできた日となりました。


3月23日(土) 天候 雪〜曇り 西〜北1〜2m/s 後 北東〜北3〜8m/s ○

 今日は、E.G.G.カップの日なので、朝8時半には、ショップに着いて、用意。
しかし、朝から雪。参った。止むのか心配。木島平E.G.G.の役員さんは、
9時頃には来て、様子見。皆さんも10時頃には、集まって来ました。
9時半頃から、雪も止み、山頂からのフライトは、難しいけれど、第4TOからは、
何とか出来そうな状況に。
 10時半頃、大会が開始されました。皆さん、第4TOからのターゲット&
風船ターゲット。柳沢さんが、ダミーでフライト。北風2〜3m/sで、そこそこ
飛べる状況。競技開始1番手の清水会長は、ソアリング。皆さん、後に続きます。
 清水は、10時半頃、山頂TOに、吹流しを付けに上がりました。そうです、
21日の南風の強風に山頂TOの吹流しが飛ばされてしまっていたのです。
山頂TOには、北風2〜4m/sとしっかりと入ってきていました。しかし、まだ
ガスが湧いたりしていたので、一旦第4TOに戻り、様子見です。
 12時頃、再び柳沢さんと山頂TOへ。北風3〜5m/sと強く入っています。
雲底は、高くなっていたので、弱めの風の時、柳沢さんがテイクオフ。
沈まず、そのまま前に。牧の入のゲレンデ上空で上層西風、山頂TOレベル以下
東風のシアでソアリング。多少の揺れ。+160m。しばらくして、北風が強く
入りだしたので、翼端折りをして、降ろしていました。30分程のソアリング。
その頃には、山頂TOで北風6〜7m/sとなっていました。そこで、山頂クローズに
して、清水は、飛ばずに下山。
 第4TOも1時半頃には、4〜5m/sと強く、飛べない状況に。その為、飛べない人が
3名程いたので、競技不成立となり、明日に大会は持ち越しとなりました。
 なんとか飛べましたが、E.G.G.カップは、不成立という日となりました。


3月22日(金) 天候 曇り〜小雪 北西〜西1〜3m/s 後 西3〜4m/s △

 今日も厳しい天気予報。しかし、朝チェックした時、午後小雨予報が一日中
曇り予報で北風予報になっていたことに望みを託してスクールへ。
着いた時には、山頂も見え、ちょっと北風が強くなりそうと見えました。
昨日からUPスポーツさんのツアーが、今年も来て頂いているので、
昨日は仕方ないとして、今日はなんとかお願いという状況でした。
しかし、ツアーの方が、ショップに着いた10時頃から、山頂にガスが
かかりだし、五合目まで降りてくるという状況に。ゆっくり受付けとエリア説明を
して、様子を見ました。11時の天気予報をチェックしたら、え〜、悪い予報に
変わっています。そんな〜。
 そこで、山頂のガスの様子を見ながら、まず、第4TOから飛んでもらい、
ガスが晴れたら山頂へという事で、希望者は、リフトに乗り中段へ。
げ〜、スカイ4に着いた頃、ガスがさらに降りてきて、第4TOレベル。
また、風も、西風2〜3m/s。これは、困った。第4TOとポールバーン上部は、
使えない。そこで、今日は、平日なので、パトロールに連絡してスカイ4から
テイクオフする許可をもらいテイクオフしてもらいました。清水は、はなから
スカイ4からテイクオフしてもらい、北〜北西風3〜4m/sで、5〜10分程
飛んでもらおうと思っていたのですが、予想より雲底が低く、かつ西風で
非常に辛い状況でした。
 ダミーでNPの方が出られましたが、出て、レベルで前に、中ほどで
雲の吸い込みで、ぐっと上昇。そのまま、リフトを越えてもらい、LD上空で、
高度処理。しかし、多少山に寄っている為、西風のかぶりと吹き抜けの効果で、
アップダウンを繰り返していました。ん〜、辛そう。
 次に、飛ばれたNPの方も、夏のLD上空付近でアップダウンされていて、
これも辛そうでした。当然、2名で終了にして、歩いて下山。残っていたNP、Bの
方々に、無理して飛んでもらってもの状況でした。
 UPスポーツのツアーの方々には、残念な日となってしまいました。
これに懲りずにまた来てください。明日、明後日と青木エリアでは、
楽しくソアリングされる事を祈っています。


3月21日(木) 天候 晴れ〜曇り 南3〜7m/s 後 南8〜10m/s ×

 天気予報通り春の嵐の日でした。
 10時頃には、LDでもクロスの練習がしっかりできるという状況でした。
今日は、絶対飛べないと諦め、ショップで雑用をした後、山頂TOの集雪作業へ。
まず、山小屋で、回収用の用具の整理から。シュリンゲ用帯が異常に長く、
気になっていたもので。その後、TO前の斜面に、集雪。かなり融けていて、
無風でのフロントだとかなりやばいどろどろ状態。久しぶりで、飛びたいと思って
来た江田さんと黙々と作業。昼前頃からは、南風が強くなっていて、いたるところの
リフトが止まり始める。そのアナウンスが、飛び交う。山頂リフトも強風でできれば
終了したい雰囲気に。そこで、適度な状態になったので、終了して下山。
 2時には、スクールを終了して、江田さんは、強風のなか帰っていきました。
清水は、その後、E.G.G.カップの準備。
 この強風の中、5〜6年前にここで飛んでいて、転勤でご無沙汰してしまったけれど、
諏訪に転勤になり、復活してくれるというB級生の横内さんが来てくれました。
楽しく、安全に。細く、長く。太く、長くでもかまいませんが。飛びましょう。
 この強風で、第11クワッドリフト降り場のリフト格納場の屋根が、1枚飛んでしまった。
そして、パトロールとリフト係りで、それ以上屋根が飛ばないように、応急処置として、
ロープで固定しました。また、ショップの小屋も揺れて怖かったです。
ここは、一番の吹き抜けの場所なのです。


3月20日(水) 天候 晴れ 北0〜2m/s 後 北東〜北1〜2m/s ○

 午前中、お彼岸のお墓参りをした後、畔上さんから電話が入ったので、ショップへ。
北風がしっかり入っていた。楽勝ソアリング1〜2時間と思い、山頂TOへ。
 山頂TOには、期待していたほど風が入っていない。厳しいかも。
1時に畔上さんテイクオフ。北東風の為、TO前と東斜面でリッジ。
ん、厳しそう。少しして、清水テイクオフ。TO前が厳しかったので、すぐ牧の入へ。
弱いが、サーマルがしっかりあり、楽勝リッジサーマル。畔上さんも、第6TO上空から
上げ直して来た。清水は、おっぱい山へ。今日は、風が強くないので、前に出てからの
ルートを使わず、そのまま吹き抜けを突っ切ってみた。また、アクセルを使わない。
ゆっくりアウトアンドリターン。南側をよく観察。牧の入りのリフト頂上から上げ直し。
そして、リッジ。畔上さんもおっぱい山へ。しかし、途中で引き返したそうで、清水が
低く戻ってきたのでやめたそうです。
 TOの東斜面に移動。しかし、風が弱くサーマルも上がってこないので、谷側へ戻る。
上げ直して、牧の入の東側斜面で再び楽勝リッジ。牧の入は、今年の冬は、
非常に調子がいい。その頃、畔上さんが、40分程のソアリングを終え、降ろした。
まだ飛んでいていいということなので、すぐには降ろさず、牧の入で1300mにして、
前へ。そして、藤沢の丘へ。送電線上空では、弱いながらもサーマルがしっかり
ありました。そのまま里へと思いながらも、LDへ。1時間のソアリング。
 12時から3時頃まで楽勝ソアリングが1〜2時間、1〜2本できただろうという
日でした。


3月17日(日) 天候 晴れ〜くもり 北〜北東0〜2m/s 後 南〜東0〜3m/s ○

 天気予報では、一日中南風で、飛ぶには厳しい予報。
しかし、先週のように午前中勝負と思い、9時半頃山頂TOへ。
山頂TOには、10時から11時の1時間程は、北〜北東1〜2m/sと
北風が入っていました。しかし、皆さん今日は飛べないと思っていて、
集まってくれません。
 11時以降南風が強まってきました。11時15分頃、井沢さんが、
ダミーでテイクオフ。穏やかなフライト。
それを見て、川上さん、渡辺夫妻、COOの方2名とサポートに神山さんが
山頂TOに。しかし、南風は強まるばかり。長いウェイティング。
昼頃浜井さんが山頂TOへ。ショップには、昼頃に崎さん、清野さん、
清水兄さんが着いて、下で様子見。
 1時頃、渡辺奥さんと川上さんは、諦めて下山。その頃、南風が、
弱まって来ていたので、他のメンバーは、さらに様子見。
1時半頃、無風から弱いフォローで、渡辺旦那さんがテイクオフ。
そのまま前に。沈まず。前に出すぎて、北風と南風とのぶつかっている所で、
垂直上昇+30m。さらに+70m。潰さないように操作。そして、右方向の
やまびこ公園上空へ。アップダウン。多少の潰れ。翼端を折っての高度処理。
山頂TOレベル以下では安定していました。一番辛いコース取りでした。
 少しして、井沢さんが2本目。スカイ4ゲレンデと牧の入ゲレンデの間の
山頂TOレベル以下での中低層で見事なソアリング。素晴らしい。
そのソアリングに誘われ、清水兄さん、崎さん、清野さんが山頂TOへ。
しばらくして、COOのツアーの方が、テイクオフ。レベルキープで、井沢さんの
上空へ。ソアリング。東風でのセンタリングで、おっぱい山まで流されながらの
ゲイン。+150m。上げすぎて、荒れ荒れの空域に。潰さないようにして、
中央駐車場の上空へ移動。その周辺でソアリング。
 その後、もう1人のCOOからの方が、テイクオフ。井沢さんがソアリングしていた
空域でソアリングしてほしかったのですが、果敢に荒れ荒れの空域に突進。
オアシスの性能を遺憾なく発揮されていました。無事LD。ターゲットを踏んだとか。
荒れていて、もみくちゃにされた事は、ぜんぜん気にならなかったそうです。
山頂TOに残ったいつものメンバーは、それを見て当然飛ばずに、下山しました。
 崎さん、清野さん、清水は、下山する前に、山頂まで、南斜面の状況を見に
行って来ました。南風6〜8m/sとかなり強かったです。また、藤沢さん、
柳沢さんが言っていたように、雪があるので、楽勝でクロスで出れます。
機会があったら出たいです。
 今年初めて北風と南風が当たっている空域で飛んだという日となりました。


3月16日(土) 天候 晴れ 北〜北西0〜2m/s 後 南0〜2m/s ○

 朝から北風が入り、昼頃からソアリングと期待できる天気予報。
皆さんも、いつもより早めに集まってきました。北風が入っているので、
10時頃、山頂TOへ。しかし、この北風で山頂は、ガスに覆われてしまいます。
1時間程でガスは取れましたが、それは、暖かい南風のお陰でした。
それ以降、風は、南に変わってしまいました。先週の土日のように、
無風から弱いフォローでのテイクオフです。先週よりさらに雪が融けて
しまっていて、先端には、土が見えています。
 川上さんは、1本目、ダミーで6分の穏やかなぶっ飛び。
2本目は、先端でテイクオフを取りやめたので、少し泥にまみれてしまいました。
ごめんなさいね。そこで、清水は、スノーダンプで雪を運び、少しでも
先端部に雪を付けました。汗がしょっぱい。3月いっぱい雪が持ってほしい。
 久しぶりに井沢さんが、飛びに。また、神山さんが、COOからツアーに
来てくれました。ありがとうございます。皆さん、後ろに敷いて、無風の
タイミングでしっかり走ってのテイクオフ。多少、リフトがあり、10数分の
穏やかなフライト。2時以降、南風が強くなってきて、ウェイティングの
時間が長くなります。杉原さんは、今日は、間に合って、弱いフォローで
テイクオフできました。しかし、いつものようにゆっくり来た長島さんは、
間に合わず、出るチャンスがありませんでした。残念。また、COOからの
ツアーの方、2名の2本目も残念ながら、チャンスがなくなってしまい、
4時に下山しました。そして、COOの2名の方と、神山さんが、ポールバーン
から飛んで、終了となりました。
 期待通りにはいきませんでしたが、山頂から飛べたという日でした。


3月13日(水) 天候 晴れ 北東0〜1m/s 後 東〜北0〜2m/s ○

 一日中、快晴。午後には、北風がしっかり入り、楽勝ソアリング1〜2時間と
思っていましたが、高気圧どっぷりで、穏やかな風。
 ゲレンデでは、西日本学生スキー選手権木島平カップが行われていて、
賑わっていました。そこで、宣伝の為に、1時半頃、テイクオフ。
7分のぶっ飛びに終わりました。
 一日中、景色の良い中、穏やかに飛べただろうという日でした。


3月12日(火) 天候 晴れ〜雨 北西0〜1m/s 後 北〜北西1〜2m/s 

 北風が朝から入る予報。昼過ぎから曇りの予報でも飛べるのではとショップへ。
午前中は、晴れていて、北風も入っていました。しかし、昼頃から崩れてきて、
雨になりました。結局飛びませんでした。
 昼頃、中野の田尻さんが来て、午後はずっとMAXのラインを付けていました。
田尻さんのMAXが復活しました。
 午前中は、ぶっ飛べたという日でした。


3月11日(月) 天候 曇り〜晴れ 北西0〜1m/s 後 北〜北西1〜3m/s ○

 雑用をしにゆっくりショップへ。昼頃からよい条件に。
楽勝ソアリングが出来そうなので、飛ぶつもりはなく来たのですが、
2時テイクオフの1時間のソアリング。牧の入で楽勝リッジ。
おっぱい山へ。南斜面で降った場合のランディング場所を見ていました。
牧の入で上げ直して、山頂TO前へ。見学者が、手を振っているので、
こちらも手を振り返す。飛ぶ前は、誰も見学者がいませんでしたが、
飛んでいると誰かしらが、見学に。
 12時頃から4時頃まで楽勝ソアリング1〜2時間という日でした。


3月10日(日) 天候 快晴〜雨 南〜東0〜1m/s 後 南〜西1〜3m/s ○

 今日は、朝からずっと南風で飛べないのではと心配しながら、ショップへ。
すでに、柳沢さんと前田さんがいました。お二人とも早い。柳沢さんは、
昨日のような南風の状況なら南に飛ぼうと気合を入れての登場。前田さんは、
いつものペースで。しかし、南風が、弱い。9時半頃、藤沢さんと柳沢さんが、
山頂TOへ。山頂TOは、昨日の午後のように、無風の時を狙って、テイクオフする状況。
柳沢さんは、1人南斜面を見に空身で。今日は、南1〜2m/sとのこと。これなら出れると
確信して戻ってきました。次回期待です。
 KPSの皆さんには、受付け後、すぐ山頂TOに上がってもらいました。10時頃オープン。
昨日の午後のように春のような雰囲気の中、穏やかなフライト。前線が、確実に迫って
いるので、フライトは昼頃までの予想。穏やかなぶっ飛びを2〜3本。KPSさんは、
12時半には、終了。
 浜井さん、川上さん、柴田さんも間に合って1本フライト。、最後、来ないと言っていて、
奥さんと日菜ちゃんが買い物をしに家を空けた隙に来てしまった清野さんが、
1時半頃テイクオフして今日は終了となりました。残念ながら、その頃、到着した
杉原さんは、間に合いませんでした。
 2時から3時にかけて天気は崩れ、5時頃から雨となりました。
前田さんの予報は、正確でした。お見事。
 なんとか3日間連続でフライトができました。
 KPSの皆さん、またのお越しをお待ちしています。


3月9日(土) 天候 快晴 南2〜3m/s 後 東〜西0〜2m/s ○

 KPSさんのショップへの集合は、早い。今日合流された方も含め、皆さん、
9時半には、集合されていました。天気予報では、午前中は、南風、昼頃から
高層(1500m前後)は、西風、下は北西風が入ってくる。実際、9時半での山頂TOの
吹流しは、フォローが強い事を示していた。そこで、KPSさんには、受付け後、
第4TOから飛ばれる方とスキー、スノボをされる方に分かれて、様子を見てもらった。
天気は、快晴。日差しが強い。
 10時半頃、第4TOから弱い西サイド風でテイクオフ。KPSの講習生の皆さんは、
テイクオフとランディングの練習フライト。他の方は、スキー、スノボ。
地元のフライヤーは、皆さんゆっくり、10時半頃からぼちぼち登場。
皆さん、池の平ゲレンデでのスロープスタイルの大会で駐車場がいっぱいになり、
困っていました。今若者は、スノボですね。大賑わい。ジャンプあり、手摺あり、二段手摺あり。
国内外の有名招待選手。当然、清水は、知りませんが。
 10時頃、山頂TOの様子を見に行った藤沢さんは、あまりに南風が強いので、
今後の為にと、南斜面の状況を見に、山頂(1351m)へ。南風が、3〜4m/sと非常に
グットに入っていて、楽勝ソアリングできるとの報告。また、山頂は、1m程の雪で、
テイクオフも問題なく出来るとの事。午後も風が変わらなかったら、飛んでしまおうと
グライダーを担いでいきました。
 12時頃から風が変わりだし、南風が弱まり、無風の時があるようになりました。
よければ南を飛んでみようと思って上がっていった清野さんでしたが、山頂TOで様子見。
12時半頃には、藤沢さんもTOへ。そして、地元フライヤーも山頂TOへ。
1時頃、ダミーで清野さんが、快晴の綺麗な景色の中、穏やかにぶっ飛び。
KPSの皆さんも山頂TOへ。そして、皆さん、無風から弱いフォローでテイクオフ。
穏やかなぶっ飛び。その後、4時まで無風の時に、3〜5機が出ては、穏やかな
ぶっ飛びを2〜3本。残念ながらソアリングとは行きませんでした。
 飛べてよかったという日となりました。スキー場の春という日でした。


3月8日(金) 天候 晴れ〜曇り 南西0〜1m/s 後 東〜北2〜6m/s ○

 9時半頃KPSさん第一陣がショップへ。まだ、山頂は、フォロー気味なので、
ゆっくりと受付け&エリア説明。10時頃、風も入りだしたので、山頂TOへ移動。
山頂TOには、北風が1〜2m/sと入っていました。まず、イントラの三浦さんが、
ダミーで出ます。穏やかでした。そして、岡田校長がTO、三浦さんがLDでB、NP
の方たちをサポート。
 皆さん、用意できた方からテイクオフ。今日は、北東風なので、いつもの正面でなく、
東斜面で飛びました。北東風2〜3m/s。1本目は、様子見で、ソアリングを控え、
翼端折り等確実に降ろす練習をされていました。P証の方は、ソアリング。寒いので、
20〜30分。2本目は、多少のソアリング。昼頃、冷たい北風が強く吹いてきて、
ガスが発生して、30分程ウェイティング。その頃、来た畔上さんは、下で様子見。
また、久しぶりに某東急ライフの清水さんが、遊びに。ツアーが入っている為、
対応できず、ごめんなさい。次回は、ポールバーンで飛びましょう。
山頂TOに見にこられ、早く山頂TOから飛びたいと熱く訴えておりました。
 ガスが上がり、3本目のNPの方は、雲の吸込み等もあり、しっかりソアリング。
ゆっくり上がってきた畔上さんは、それを見て、テイクオフ。すぐ翼端を折って、まっすぐ
前へ。ずっとレベルキープ。前で少しソアリングして、帰っていきました。
 1時半頃からは、北〜北東3〜5m/sと強く、またガスが発生したり、上がったりの
繰り返しとなりました。2時頃、P証の方が、ダミーででましたが、しばらくしてガスが
発生してしまい出れない状況に。P証の方は、ガスの際を使って、ずっとソアリング。
30〜40分。3本目に登ってきた皆さんは、寒さに耐え切れず、また風も4〜6m/s
と強いので、待つのをやめ3時頃下山。スカイ4から飛んで終了となりました。
 冬の木島平でのソアリングという日でした。
 KPSさんのツアーは、今年で13年目とのことでした。ご利用ありがとうございます。


3月7日(木) 天候 曇り〜雪 南〜西0〜2m/s 後 北〜北西2〜6m/s 

 明日からKPSさんのツアーが来るので、準備にショップへ。
第4TOから飛ぶ人がいるということだが、今シーズンは一度も使ってなかったので、
その状況を見に。多少でも雪踏みをしておこうと思ったのだ。しかし、行って見ると、
ラッキー、雪が締まっていて、そのまま第4TOに登っていける。また、第4TOも雪踏みを
せず、使える。リボンを3本立てて、終了。
 山頂TOへは、11時頃から北風が入りだし、1時頃から4〜6m/sと強く吹いていた。
3時半頃には、ガスが発生して、7合目位までガスに覆われていた。
 飛ぼうとすれば、12時〜2時位まで1〜2時間のソアリングができたのでは
という日でした。


3月5日(火) 天候 曇り〜雨 南0〜2m/s 後 南〜北西0〜1m/s ○

 体験の予約が入っていたのでショップへ。曇りで一日中南風予報でしたが、
なんとかポールバーンでは、半日体験が出来るだろうと受けました。
10時半に受付けをして、まずビデオで説明。その後、LDで機材の取扱いの
説明をして、立ち上げの練習。風が弱く、立ち上げの練習は、ちょっと難しい。
11時半頃、リフトに乗り、ポールバーン上部へ。高度差、60m〜70m。
ポールバーンで練習している人が、お昼休みに行って、空く時間帯を使います。
12時〜1時半頃まで。
 上部で、用意して頭でシュミレーションしてからテイクオフです。しかし、今日は、
南風の影響で、無風から弱いフォロー。また、雪の斜面は、滑ります。
さあ、挑戦。1回目。さすがに足がすくみ、走れず、充分に立ち上げられません。
2回目、20m程下がった位置から。今度は、1回目より走れましたが、最後
走りきれず飛び乗り状態。20cm浮きながら、右側の木の方向に。彼女、パニック。
ソリに乗っている感じて、つっばっている足で、制動をかけていました。
3回目、もうすでに、ポールバーン中程の位置。落ち着きを取り戻してから、
立ち上げ。しかし、走りきれず。4回目、LDまで高度差10m程、距離50m程。
ここからだと安心感が出て、なんとか走りきれ、50cm程浮いて、30m程
滑空していきました。パラグライダーは、安定している、支えてくれているということを
確認できた1本となりました。
 畳んで、リフトに乗り、ポールバーン上部へ。飛びたいけど、まだ怖さもあるので、
中段まで降ります。高度差30m〜40m、距離300m。2本目、走り切れ、2m程
浮いて、200m程滑空。本当にコントロールできるんだ〜を確認した2本目でした。
彼女の弁、5mは浮いていましたよね。飛べて気持ちいいけど、同じくらいバクバク。
 3本目、ポールバーン上部からテイクオフのつもりで行きましたが、遠慮されて、
2本目のちょっと上から。まとめのフライト。2m程浮いて、300m程滑空。
バクバクしながら楽しんでいたご様子。無事2時頃終了。
 2時頃、代休だった清野さん登場。昼頃、長野は、南風から北風に変わったけど、
飛べそうかの確認電話があり、なんとかと返事をしてあった。昼過ぎには、
多少山頂に北風が入っていた。早速、山頂TOへ。しかし、フォロー。待って、
アゲインストが多少でも入ったときにすかさず、テイクオフ。清野さん、7分のぶっ飛び。
清水、6分のぶっ飛び。スカイ4上空までは、南風の被りで、揺れます。そこから、
藤沢の丘方向へ移動して、LDへ。このコース取りが、安全でしょう。
 なんとか半日体験及びぶっ飛びができた日でした。
 高田さん、グリーンシーズンもお待ちしています。お友達を誘って、来てください。


3月4日(月) 天候 晴れ 南0〜2m/s 後 西〜北東0〜2m/s ○

 天気もいいし、予報では、昼頃から北西風がしっかり入るということで、
ショップへ。雑用を片付け、1時に合流した藤沢さんと山頂TOへ。
景色は、いい。しかし、北風が入ってこない。時折、1m/s程。
ギャラリーが沢山いたので、清水が出てみましたが、風弱し。
牧の入もだめ、前に出てもだめ。サーマルを探して、前に出すぎ、
危うく、LDに届かなくなりそうになった、9分間フライトでした。
 藤沢さんは、その後、ずっとウェイティング。清水は、2本目へ。
2時半頃、藤沢さんが出て、スカイフォーのあたりで、粘っての
激渋ソアリング25分程。
 2本目、TO前で少し粘るも弱いので、前へ。サーマルを探すも、ないので、
TO前の東側斜面で超粘り。上げられず、下げず。LD上空あたりを、トンビが
5〜7羽センタリングしているのを見て、すかさずそちらへ。しかし、遅かったのか、
サーマルはあるが、小さくヒットできず。無念のランディング。16分フライト。
 美味しいところは、全部昨日で使い果たしてしまったようですの日でした。


3月3日(日) 天候 晴れ 北0〜2m/s 後 北〜北西2〜4m/s ◎

 朝から晴れで、しかも北風が入っている。非常によい状況&予報。
その為、皆さんは、10時頃集まってきていました。10時頃山頂TOへ。
すでに北風が、1〜2m/sと入っています。10時半頃、山庄司さんが
ダミーで出ます。そのまま、渋いソアリングに。続いて皆さん、渋いソアリングに。
試乗会には、非常によい状況です。
 昼頃からは、2〜4m/sと風が強めになり、楽勝ソアリングに。
また、サーマルもしっかり発生していて、皆さん、+50m〜+200mで
30分〜1時間程のソアリングを1〜2本していました。長岡からのツアーの
方たちも、楽勝ソアリングを楽しまれていました。
 圧巻は、試乗機のMAXで、柳沢さんが、寒い中、2時間40分も飛んでいました。
もうこれは、MAXお買い上げの刑です。他の試乗の方は、当然、30分位のソアリングで
降ろしていました。今冬期初めて、長野の田尻さんが来て、プロトンGTをぶりぶり
試乗していました。残念ながら、皆さんが期待していたヴァイブは、今回間に合い
ませんでした。デュデックのVOXとMAXが好評でした。徳永さんは、オクターンを
離しませんでした。
 一日中、ソアリングを楽しめた日となりました。また、よい試乗会となりました。
春近しという木島平でした。


3月2日(土) 天候 晴れ〜雪 南0〜2m/s 後 北〜北西2〜8m/s ○

 朝には、南風がしっかりと入っていて、心配な状況。
10時半頃から、少しずつ北風が入りだし、飛べそうな状況に。
朝霧からのお客さんの大半の方が、朝からスキー、スノボーとの事。
ファルホークインターナショナルの斉藤氏とそのツアーの方達は、事故渋滞
にはまり、到着が遅れてしまいました。11時頃に皆さんが集まり始める。
 11時頃山頂TOへ。北風が強めに入ってきていて、3〜4m/sに。
11時半頃、畔上さんに出てもらう。風が強い。そのまま、ソアリングに。
おっぱい山アウトアンドリターンなど楽勝。その後、少し風が落ちるのを
待って、柳沢さんがテイクオフ。そのまま、ソアリング。その後は、用意できた
順にソアリング。試乗機でもソアリング。10数機、楽勝ソアリング。
1時頃から、風が強くなりだし、4〜6m/sに。無線で、前に出て、高度を下げて、
様子を見ながらソアリングをするように指示。その後、さらに強くなりだし、関田山脈
の方は、どんどんガスが発生して消えていく。1時半頃には、早く前に出て、
降ろすように指示の無線を入れる。無線を入れてから、10分程で、山頂TOも
一気にガスに覆われる。北風5〜8m/s。無線の指示に従い、早めに降ろした方は、
無事にLDに。遅れた方は、牧の入や、池の平に降ろしていました。
畔上さんが、1時間40分、柳沢さんが、1時間半。その他の皆さんは、30分〜
1時間のソアリングでした。アウトサイドされた方々、冬の木島平を甘く見ては、
いけません。冬の北風は、パワーがありますよ。また、変わるのが早いです。
事故渋滞で遅れてきて、またテイクオフの順番を譲っていた柴田さんとゆっくり
来すぎた金子さん、飛べずに残念でした。
 冬の木島平という風が吹いた日となりました。ちゃっちゃとソアリングして、
早めに降ろしましょう。


木島平パラグライダースクール
〒389-2303 長野県下高井郡木島平村木島平スキー場内
TEL 0269-82-4100 FAX 0269-82-4350
e-mail kijimaps@dia.janis.or.jp