2003年も自己研鑽の旅に出ました。今年は、究極のエリア宮崎の鏡山と熊本の阿蘇を中心に
飛びまくろうという旅です。12月6日発、26日着。宿は、愛車ワゴンR。
では、日を追って、報告を致します。

12月6日(土)
 親の願いで、前日の仏滅の日の出発は控え、大安の日の午前1時に家を出発。
一路、下道19号で、名古屋まで。5時間。続いて、東名阪で天理まで。国道25号は、
皆さん、高速道路のように飛ばす、飛ばす。怖いです。フェリーの予約は、取ってないので、
日程はどうにでもなるので、まず、紀ノ川エリアに向かう。10時間、498kmで到着。11時着。
風が、5〜7m/sと強く、飛べる状況ではありません。また、昼頃から雨に。栗栖さんから
生坂の様と聞いていたが、ほんと似ている。明日でも飛べたらと移動。
そこで、和歌山ラーメンを食べてから、大阪南港の下見に。2時間で着く。しかし、初めての道で、
交通量も多く、疲れる。そして、受付で今日の便を聞いたら、乗れるということで、このまま宮崎に
行くことに。流石に寝てなく、これから紀ノ川エリアに戻る体力はない。帰りに寄ろう。
 9時に寝る。20時間起きていたことになる。

12月7日(日)
 7時に起きて、8時20分、下船。鏡山に向け、出発。おお、いい道。南国の海岸線道路。
しかし、有料。痛い。その道路が終わり、一般道に合流したら、渋滞。ナンだよ〜。
しばらくすると、空をヘリやらジェット戦闘機。何だ〜。渋滞を抜けてわかったのは、今日は、
沿線にある航空自衛隊の航空ショーの日だったのだ。
 宿泊予定地の北川町の道の駅に着いたのは、11時頃。事前に、インターネットで、
エリア情報と道の駅情報を得ていました。そして、究極のエリア鏡山を探す。
LDの熊野江海岸は、すぐわかった。吹流しが置いてあった。しかし、TOへの道が
判らず、北浦の道の駅で聞く。LDからすぐのところに、アクセスの道がありました。
20分程で、遂に究極のエリア鏡山に到着。やった〜。景色最高。

鏡山エリア馬の背TOより正面LD方向を見る − 海抜640m LDまで3.5km
LDより正面にTOを見る−TOまで3.5km LD

風は、北西の5〜7m/sと強く、フォローの強風。当然、飛べません。周りを散歩した後、
宮崎パラグライダースクールの渡辺校長に電話をする。どのようにしたらこのエリアを
飛ぶことができるのでしょう。地元のクラブの人と一緒に飛んでくださいとのこと。
また、受付のノートの場所も教えてもらう。明日飛べる様なら、地元のクラブの人に
連絡して、そちらで合流するように手配してくれるとの事。ありがとうございます。
明日飛べることを期待して、ゆっくりしてから、北浦の道の駅に移動。そこで、車中泊。


12月8日(月)
 快晴である。昨夜は、寒く、何度となく暖気運転。ラジオでは、昨夜は、宮崎の
初霜、初氷の夜との事。そうでしたか。
 LDに8時40分頃到着。散歩して、待つ。10時頃、地元フライヤーの小野さんが、
来てくれ、10時半頃、渡辺校長が、来てくれた。LDの風は、アゲインストから西サイドの
0〜2m/s。とりあえず、TOへ。しかし、TOの風は、東サイドの2〜3m/s。30分程、
様子見。飛べそうも無いと判断をして、延岡から1時間程離れた、造次郎エリアへ移動。
2時到着。皆さん、様子見をしていました。ここは、エリアができて、2年程という新しい
エリア。高度差600m。LDまで、2km程。生坂を3倍ほどにスケールアップした感じ。
なんでも1600万円かけて、TOを公園化して飛びやすくする計画があるそうです。
いまどき素晴らしい。宮崎県のエリアは、全て、エリアフィーが無料です。

造次郎エリアTO 海抜660m ダミーで渡辺校長がテイクオフ
2番目に小生がテイクオフして、対岸の丘で
上げ直し、+20m。33分。
北西の風で、シアで上昇。降ろす時、
荒れていました。
LD
海抜60m 川の横の空き地-20m×100m

 渡辺校長が、ショップで歓迎会をしてくれました。飲めや歌えやでした。
お土産に持参した中野のふじが大好評でした。
渡辺校長は、わざわざ本業の車屋さんを休んで付き合ってくれ、
歓迎会までしてくれたのでした。ありがとうございました。

左から 
渡辺校長、菊地さん、富高さん、
渡辺奥さん、小野さん
仲の良い渡辺夫妻 現在、パラでは
食えないということで、本業の車屋さん
で忙しい。


12月9日(火)
 7時半起床。北浦からLDに移動して、小野さんを待つ。10時半頃、小野さん登場。
風は、北西の2〜4m/sと強いフォロー。飛べない。その場で、解散。
とりあえず、小生は、TOに行き、本を読んだりしていた。
夕食は、延岡で有名な焼きそば専門店のaaへ。旨かった。

12月10日(水)
 7時半起床。北浦の道の駅の海岸を散歩。ここは、下阿蘇ビーチリゾート浜木綿村に
なっているのだ。ケビン、オートキャンプ等リゾートとなっている。ツアーを組む時、
ここに泊る予定。いいよ。
 9時半頃、熊野江海岸LDへ。小野さんを待つ。風は、フォローで今日も難しそう。
10時半頃、小野さん、富高さん、高野さんが来る。30分程様子を見て、飛べても、
3時以降のぶっ飛びだろうとの判断で、高平山エリアへ移動。
 高平山エリアは、高度差400m、LDまで2.5km程のエリア。
小野さんの家の前の山。延岡市内から15分。LDは、休耕田。
ほとんどプライベートエリアのようです。空き地に駐車して、TOまで車で、
15分程。ここも車で横着けできます。

TOは、南東向きと北東向き。こちらは、南東。 北東向きTO 正面に休耕田のLD 
高度差400m。距離2.5km。
2時頃、ダミーで富高さんがテイクオフ。
まだ、渋い。
2番目に小生がテイクオフ。タイミングが
合って、南東TOの左側尾根付近で、
サーマルゲット。そのまま、+535m。
TO後ろの西にある印象的な山。
トップアウトできたが、空域が不案内のため、
LDの近くの対岸の尾根に移動して、
リッジサーマル。36分。
ここは、なかなか上がらず使いにくいとの
事でしたが、そうでした。風が滑っていく。
LD
正面のピーク付近にTOが見える。

LDしたら、渡辺校長が、見に来た。自宅が近いとの事。渡辺校長も飛ぶのが好きです。
 4時に解散して、ついでといっては、失礼だが、ここまで来たので、SETグループの
SET吉松さんに顔を出す為、移動。国道10号で宮崎経由。途中の屋台ラーメンの
とんこつラーメンが旨かった。途中の「ゆーぱるのじり」という道の駅に泊。
なんか薄暗いと思っていたら、手前の「のじりこぴあ」の駐車場であった。
朝、気づく。
12月11日(木)
 4時半起床。鹿児島県の吉松に向け、移動。看板に従い、魚野エリアのTOへ。
野ウサギが、いた。3羽。ほ〜、かわいいね〜。
 6時頃TOに着く。5時半頃から、雨となる。吉松駅等で時間調整した後、
ウィンドラブ吉松PGSのショップに顔を出す。はじめまして。2時間程、
おじゃました後、お薦めのラーメン屋さんとジャングル風呂へ。
今日の宿は、吉松の物産館の駐車場。

12月12日(金)
 6時起床。散歩。7時頃まで、暗い。9時にショップへ。
講習生の方が、1人来ていた。レスキューセットを買っていた。用意万端。
 今日も北西風が強く、魚野、矢岳エリアが飛べないので、スクールの体験&
講習エリアの木原エリアに行く。ショップから15分程移動した所。
 風は、正面からサイド3〜6m/s。10時半から1時間程、グラハン&カイティング。
強くなったので、終了。木原エリアの休憩所で火を起こしてもらい、お昼に。
風が弱くならなかったので、1時に終了、解散。

体験&講習用の木原エリア



パーティーや宿泊も可能。



右  吉満校長
左  講習生の方

 そこで、吉満校長に、魚野エリアと矢岳エリアに案内してもらった。
魚野エリアは、高度差300m。LDまで1.5km程。
TOは、LDから車で20分程。エリアフィー500円。

左上 TOの休み所 そばにトイレもある。

右上 手前は駐車場
    エリア案内&ルールの看板

左下 TO 広い。
TOから左正面  右側中央にLD TOから右正面
矢岳エリアのTOまで7km。アウト&リターン
クロカン練習に使える。
LD そこそこ広い。綺麗なトイレあり。
正面にTO  高度差300m。距離1.5km。

 矢岳エリアは、高度差420m。LDまで1.5km程。宮崎県のエリア。
吉松町は、鹿児島と宮崎の県境の町なのです。
TOは、LDから車で、30分弱。エリアフィー500円。

TO そこそこ広い。 看板
正面中央にLDが見える。 川原に降ろせば、安全にロングフライトが
できる。
右に魚野エリアTOまで7km。
アウト&リターン
LD 田圃2枚。広い。
正面上にTOが見える。
高度差420m。距離1.5km。

 4時に吉松を出発して、鏡山に向かう。途中、「ゆーぱるのじり」の
道の駅で、バラ風呂に入り、さっぱりする。いい風呂でした。
7時にここを出発して、北浦には10時半に到着。
定位置に車を止め、寝る。
北浦〜宮崎2時間半。宮崎〜吉松2時間半。

12月13日(土)
 7時起床。8時半、熊野江LD。散歩。
西の3〜4m/sとサイドが強く入っている。今日も飛べそうにない。
 小野さんに連絡を取ったら、今日は飛びにいかないということで、
造次郎エリアに飛びに行く黒田さんを紹介してくれた。
 黒田さんにスーパー銭湯のぽかぽかの湯で合流して、造次郎エリアへ。
途中道路工事のため、30分程通行止めとなる。その時、請関さんが、
合流。LDに11時半頃着いたが、風は北風の強い吹き降し。そこで、
近くの野球場に移動。すでに、スクールをしている中島さんと講習生2名が、
グラハン練習をしていた。小生も1時間程、グラハン練習。風が回っていて、
やりづらかった。風が弱くなったので、皆で、LDに移動。南〜西風1m/s。
TOへ移動。車で20分程。
 様子見の後、請関さんが、ダミーでテイクオフ。弱いリフトがある。
ゆっくりLDへ。3時、2番目に小生がテイクオフ。リフト無し。
左側ルートでLDへ。LD手前の丘までは、荒れていなかったが、
壇下のLDに行くと西かぶりで、荒れていた。請関さんは、
LDから500m程離れた田圃に緊急ランディング。
小生は、潰さないように、ゆっくり高度処理して、LDすみにランディング。
7分。2人で終了。荒れているので、飛ばない方がいいです。

LDに左側から向かう。





LD右側の対岸の山のピーク。
この山をトップアウトするのが、
このエリアの一つの目標

 請関さんのご好意で、泊めてもらうことに。富高さんが、来て、なべを作ってくれ、
夕食会。富高さんは、調理師免許ももっているなんでもこなしてしまう人。すごい。
また、ビールは、小野さんの手作りのビールでした。旨い。
 富高さんが昔の写真を持ってきてくれたので、ゴドフリーと寿一さんが
言っていた、九州にすごい人がいるといっていた人が、富高さんであると
確認できました。すごいです。ゴドフリー曰く、一番凄い(変な)日本人。
 この旅初めての布団で寝ました。

左から

 冨高さん(オーストラリアで有名なタミーさん)
 請関さん 
 請関奥さん


12月14日(日)
 昨日、名物の地鶏を食べさせてもらいましたが、なんと小生の右上奥歯が
欠けてしまいました。また、ビールを飲み過ぎ、具合がよくないです。
 10時頃、鏡山に向かう。10時半、熊野江LDに着。風は、西風2〜3m/s。
今日も無理。皆で、高平山へ移動。今日は、5名。
 TOに、11時半頃、到着。弱い東風。12時頃、南風のブローが入って
きましたが、様子見をしていたら、西風のフォローに変わり、出るチャンスを
一回逃してしまいました。
 延岡ハングの人達が来ました。3名。ここから、ハングも出ます。LDは、
南側の河川敷です。
 1時頃、再び南のブローが入り、富高さんがテイクオフ。尾根先端の
反射板付近で、上げています。続いて、請関さんが、テイクオフ。
同じところで、じりじりと上げていきます。いつもなら、ここで小生も出て、
付いていくのですが、具合がよくなく、出番を譲ります。
3番手に出る方が、ゆっくりしていたので、タイミングを逸してしまい、
その方は、シンクで、LDに届かず、南側の田圃に緊急ランディング。
富高さんと請関さんは、+1,000m上げて、延岡市内を飛んで、
愛宕山を越え、南に走っていました。すごい。羨ましい。
 再びフォローになり、ブローを待って、4番手に、小生が出ましたが、
すでにリフトは無く、風のあたりだけで、荒れていました。
潰さないように注意して、LDへ。LD付近で粘って、12分。
LDして、10分後には、フォローの西風が、3〜4m/sと強く入って
きました。これにて、終了。小野さんは、飛ばずに、回収に。
ハングの人達も飛べなかったみたい。

右から 富高さん、請関さん、小野さん 富高さん、請関さんは、+1,000m上げて、
左中央の愛宕山を越え、10km程離れた
延岡市の外れまで行った。1時間半程。
そこに、壁があり、越えれないとの事。

 回収後、4時に解散。小生は、明日歯の治療の為、請関さん宅に、もう一泊させてもらった。
請関さんは、鏡山から65kmの九州クロカン記録をもっているフライヤー。趣味で、車を
自分で組み立ててしまう人で、学生時代、バイクのレーサーとのこと。横内君と話が合いそう。
横内君、話が長くなるだろうな〜。

12月15日(月)
 8時起床。8時40分、請関邸を出発。一番近い歯科医院へ。5分。
予約制だが、受付けてくれた。9時開院で、30分程待って、治療してもらう。
うまく欠けていて、麻酔せず、小片を抜いて、応急処置をしてもらった。
受付の女性も可愛く、歯科衛生士さんも綺麗だった。(マスクで上半分しか
見えなかったが)
 10時半に阿蘇に向かって、出発。延岡は晴れていたが、阿蘇に近づくにつれ、
雨となる。2時間半で、阿蘇に着く。8年前の記憶で、阿蘇ネイチャーランドを
探すが、見つからなかった。本塚と兜岩と兜岩LDは、すぐわかった。
阿蘇ネイチャーランドは、事務所を移転していたのだった。
飛べそうも無かったので、顔を出さず、コインランドリーに行って、
洗濯して、態勢を立て直した。
 30分程行った熊本市の手前の大津市の道の駅で、車中泊。
この道の駅、ちょっとという感じ。途中にあった火の国ラーメンは、旨かった。

12月16日(火) 45歳の誕生日
 4時起床。阿蘇に移動。8時に阿蘇ネイチャーランドの事務所前。
 8時半、井藤校長出社。挨拶。飛べるか聞くと、無理との事。
飛べそうな伐株山エリアを紹介してもらう。そこは、平日は、昼過ぎからと
言うことで、兜岩エリアと大観峰によってから向かう。
 兜岩LDは、OKだが、そこからのTOへのアクセス道路を発見できず、
1時間程探すが、迷う。地元の人に聞いても、良く判らなかった。
あきらめ、大観峰へ。初めての大観峰。すごい。さすが、世界一のカルデラ。
圧倒される。ここを飛びたい。

阿蘇ネイチャーランド事務所 兜岩LD
大観峰から左側 うの鼻方面
8年前飛んだ、うの鼻エリアはもう無い。
大観峰から正面 阿蘇五岳
大観峰から右側 兜岩方面

 大観峰から1時間で、伐株山エリアに到着。受付のさつまラーメンを探す。ここか〜。
 店に入り、挨拶して、受付と説明を受け、一人TOへ。午後2時以降でないと
付き合えないということで。そう、お昼の仕事が終わってからなのです。
 お店から車で10分、TO着。南以外の風に対応してTOがあり、トップランもできる。
広くて、いい。トイレも綺麗。まず、TOを見た後、LDを確認。
伐株山エリアは、高度差350m。LDまでの距離1.5km。エリアフィー1,000円。
ゆっくり準備して、よければ飛んでいいよということで、弱くブローが入りだした
1時半頃、西TOからテイクオフ。ぶっ飛び覚悟。2時にLDで拾ってもらえばいいと
思っていたが、ラッキーなことに、リッジサーマルで+150m。しかし、続かず、
粘りすぎずに、トップランディング。16分。
 そして、様子見。するとフライヤーが集まってきた。2本目、テイクオフ。
もっと、待てばよかった。見事にぶっ飛び。4分。講習生の方に、乗せてもらい、
TOに戻る。ありがとうございました。
 TOに戻ると、すでに楽勝アーベントリッジソアリングが始まっていた。
3時半、3本目テイクオフ。+20m〜+50m。40分。トップランディング。
3本目は、長く飛ぶことだけを考え、ゆったりソアリング。
 スペシャルスタミナラーメンを食べてから、小国へ移動。
小国の道の駅「ゆうステーション」で車中泊。

駐車場からTOを見る 左:立派なトイレ LDを確認  中央:田圃2枚
西TO  TO 685m  西側
LD  高度差 350m 距離1.5km お店


12月17日(水)
 5時起床。6時出発。阿蘇に6時半着。
小雨が降っている。やだな〜。8時半、ネイチャーランド事務所に。
スタッフの方が来たので、挨拶。今日は、定休日との事。
19日からのバルーンフェスティバルのため、対応できないとの事。
スタッフの方にインターネットカフェの場所を聞く。大津にあるとの事。
 飛べそうも無いし、時間もあるので、兜岩LDからTOへ行く道を
探す。ありました。そのまま、TOへ。お〜、懐かし〜。兜岩のTO。
8年前は、ジミーもいたな〜。藤沢さんもいたな〜。雨の北西風の
3〜5m/sの中、散歩しました。
 ついでに兜岩展望台に寄った後、大津のインターネットカフェへ。
6時間いて、いろいろ情報収集。尾神岳のHPの掲示板に木島平の
記述があり、思わず、書き込み。その後、自分のHPの掲示板に
書かないのもなんだな〜と思い、途中経過報告を書き込む。
大津の道の駅車中泊。12時消灯。

12月18日(木)
 5時起床。6時に阿蘇に移動。
8時半、ネイチャーランド事務所に。明日の準備で飛べないことを
確認した後、伐株山エリアに向かう。1時間。10時着。
受付をして、TOへ。西1〜2m/s。弱いので、様子を見ていたら、
11時頃から強くなりだし、3〜9.5m/s。グラハンもやめて、
一旦、下山。お昼を食べた後、1時からLDで、グラハン、カイティング。
LDで西風3〜4m/sとしっかり入っている。1時間半、練習。
30分降ろさずカイティング。疲れた。一人LDで、異様だったでしょう。
 3時にショップへ。地元の人が、TOに行ったというので、TOへ。
南〜西3〜5m/s。若い人が、メスカルで、荒れたところ3分程飛んで、
トップランディングして、帰っていった。もう一人の方が、南風で怪しい
というので、それに従い、飛ばずに終了。
 明日は、北西風の強風でどこも飛べそうも無いので、宮崎の青島エリアを
調べる為、宮崎の日向の道の駅へ移動。阿蘇から3時間。10時消灯。

12月19日(金)
 7時起床。8時出発。今日の目的は、青島エリアと宮崎空港を調べること。
そして、フェリーの予約。
 青島目指し、国道10号を南下。青島へは、徒歩のみなので、手前の
駐車場に止めないといけない。500円。そこで、先に、観光名所の
堀切峠に行く。ほ〜、ここか〜。普通。戻って、手前の港入り口付近に
駐車して、海岸沿いに歩いて、青島に。北風が強い。7〜12m/s。
青島神社によってから、TOへの入り口を探すべく、島一周。
LDできそうな場所はあっても、TOへの道が見つからない。
そこで、神社の人に尋ねたら、対岸の白浜で飛んでいるよとの事。
青島エリアは、青島を飛ぶのでなく、近くの白浜地区を飛ぶのだった。
思い込みが激しすぎでした。
 早速、教えてもらった白浜へ。まず、LDを探す。岬先端のホテルを
抜けると、それらしい雰囲気に。車を降り、歩いて探すと、ありました。
ここだ、ここだ。青島エリアは、高度差45m。LDまで、100m。
リッジエリアで、左に300m、右に堀切峠までの2km程。
眼下に鬼の洗濯岩。景勝地を飛ぶという感じ。

青島神社の鳥居 すげ〜 自然の神秘的造形美
対岸に見える白浜のあちら向きが、エリア。
TO 南向き 受付
鬼の洗濯岩
LD 高度差45m TOからの距離100m LD手前の看板

 次に宮崎空港をチェックしに。青島エリアから15分程。近い。綺麗な空港であった。
そして、宮崎港に行き、フェリーの予約。
 目的を果たし、今日も日向の道の駅へ。雪がちらつく。今日は、九州の山では、
初雪との事。寒い。12時消灯。

12月20日(土)
 6時半起床。延岡の高平山エリアの河川敷LDに移動。ここで、グラハンでもと
思っていたが、北風が、5〜8m/sと強く、読書に。
 2時20分頃、グラハンできるよと小野さんから電話が入ったので、クリーンピア延岡
のグランドへ。ここで、小野さんは、午後、試乗機できている扇澤さんのブーメラン3を
試していたのだった。しかし、風が強かったり、変わったりして、グラハン練習は、
難しかった。1時間半程、練習。
 今日は、請関さんのお宅に泊めてもらった。久しぶりの布団。1時消灯。

12月21日(日)
 9時起床。今日こそ、鏡山を飛ぶぞ。今日しかチャンスはない。
9時45分、請関さんと鏡山に向かって、出発。30分程で、LD着。
 風は、天気予報通りの北西2〜3m/s。少しして、いつものメンバー、
小野さん、富高さん、菊地さんが到着。ゆっくりした後、TOへ行ってみることに。
11時半、鏡山TO着。風は、北1〜2m/s。ウェイティング。小野さんが、
昨日に引き続き、ブーメラン3でグラハン。
 1時半頃、風が南に変わり始める。1時40分に、ダミーで請関さんが、
テイクオフ。請関さんは、ここから出て、大分市まで65kmクロカンしたのだ。
左の尾根で、上げ始める。順調に上げ、クロカンに出てしまった。
 2番手に小生が、テイクオフ。同じところで上げようとするが、上がりが悪い。
終わった?粘って、探す。3番目に、富高さんテイクオフ。一緒に、粘る。
富高さんの方が、先に+600m程上げ、請関さんを追って、クロカンに行って
しまう。小生は、なんとか上げるが、+300m前後。小野さん、菊地さんも
テイクオフしたが、TOレベルから+100m程で、苦しんでいる。
 小生は、+350mになったとき、隣の森山の鉄塔をアウトアンドリターンでも
と思い、移動。TOとは、3.8km離れている。8合目ほどに着け、サーマル
ゲットで+500mに。この頃、菊地さんは、田圃にランディング。小野さんも
LDに向かっていた。1人寂しかったし、戻ってLDに降ろすのもな〜と思い、
遠くに、富高さんの機体が見えたので、追うことに。しっかり田圃と海岸を見て、
常にLDできるようにしながら、尾根で上げ直し、次の尾根の8合目くらいに着け、
そこで上げ直しして、進む。請関さんは、+600m〜+900mの海抜1,200m
〜1,500mぐらいで、楽勝で移動できたとの事。小生をみて、やけに低く移動
しているな〜と思ったそうな。

請関さん 1時40分ダミーで出る。
請関さん、富高さん、共にオメガ5。
3.8km離れた森山の鉄塔に向かう。
小生バルカン(一応、いいわけ)
熊野江LDから2つ離れた北浦漁港 尾根を奥に進む。高くね〜。
次へ。 次へ。
常にLDを確保しながら。 日の当たっている場所めがけ移動。
このころやっと富高さんを視界に捕らえる。 遠くに請関さんを捕らえる。
請関さんが、ランディングしたのを確認後、
そこに降ろすことに。
これで、降ろせる。ほっと。
ランディング場所 大分県森崎浦
TOから17.5km離れている。
1時間18分。

 最後、小生は、富高さんを抜き、請関さんのランディングしたところに降ろす。
請関さんは、さらに行こうとしたが、西風がかぶってきて、森崎浦を越せなかったとの事。
しかし、富高さんは、粘り、越えて、畑野浦に降ろした。25km。
 小生にとって、充分価値のあるクロカンだと思っているが、2人は、このくらいは、
クロカンと捉えていない。宮崎の人は、スケールが違う。羨ましい。
 小野さんに、回収に来てもらう。LDから1時間かかる。戻るともう暗い。
6時になってしまう。LDで、解散。
 6時半に、阿蘇に向かい出発。次の目的は、阿蘇を飛ぶこと。
2時間半で、大津に。インターネットカフェで、情報収集した後、大津の道の駅で寝る。
1時30分消灯。

12月22日(月)
 5時起床。インターネットカフェへ。1時間半程いて、情報収集。
7時半頃、熊本空港を調べに移動。20分程で着く。宮崎空港ほど綺麗な感じでは
なかった。スカイネットアジア航空を確認。それと、レンタカーのパンフを収集。
次に、俵山エリアを探す。地図をしっかり調べず、だいたいの勘で動いたので、
時間がかかってしまう。しかし、熊本空港から阿蘇に向かう近道を確認できた。
そう、裏からのアクセスとなった。その分、阿蘇の景色は、よかった。
 俵山エリアには、9時半に到着。大工仕事をしていた、山賢さんに挨拶。
平日は、皆来るのが遅いということで、散歩して待つ。10時過ぎ、受付。
エリア説明をしてもらう。そして、LDでフロントテイクオフの練習をして、
風とフライヤーを待ちました。
 俵山エリアは、TOもLDも沢山ある。メインTOとメインLDは、高度差280m。
距離1km。ビジターフィー2,100円
 請関さん曰く、俵山エリアは、下のTOから上げていき、最後俵山山頂を
トップアウトするのが楽しいとのこと。その通りです。テクニカル。
 昼頃、風が出始めたので、歩いて扇坂TOまで登る。15分。
西風2〜3m/s。ゆっくり準備して、様子を見る。1時頃、日が差し、
トンビが2羽出てきたタイミングで、テイクオフ。ばっちり、そのままトップアウト。
+50m。左のメインTO方向に移動。粘って、サーマルを探す。メインTO前で、
サーマルゲット。+160m。荒れていたので、前に出し、扇坂TO前で、
リッジソアリング。1人きりだったので、そこそこにして、降ろす。37分。
 その頃、地元フライヤーが、メインTOから出る。荒れてそう。前に出ていた。
LDで、カイティング&グラハンを30分。そして、扇坂TOから2本目。
北西2〜4m/s。今度は、上げきれず、低く移動したら、あえなくLDへ。3分。
 メインTOから出た地元のフライヤーは、雲の吸い込みに遭遇して、ソアリング。
+600m〜+700m。翼端折をして降ろしていました。

火の鳥SSスクール入り口 メインLD
扇坂からメインTOを見る。高度差280m。 扇坂からメインLDを見る。高度差80m。
扇坂TO前でソアリング。 X吊橋 

 5時に終了して、熊本空港へのアクセスを確認に。15分程の距離でした。
そして、阿蘇に移動して、彦しゃんでラーメン。旨い。
スーパーの駐車場で、車中泊。11時消灯。


12月23日(火)
 6時半起床。8時半にネイチャーランド事務所へ。
井藤校長に、今日も兜岩は無理だけど、午後は、大観峰を
飛べるかもということで、大観峰を飛びに来た地元のフライヤーを
紹介してくれた。10時半頃、大観峰へ。しかし、西風7〜8m/sと強く、
12時頃断念。解散。そして、俵山から飛びにきていた人達に合流して、
俵山に移動。
 受付後、松永さんに車で、扇坂TOへの駐車場まで乗せてもらう。
そこから、TOまで下って、3分。ありがとうございました。
 すでに、地元のフライヤーが、風待ちしていた。今まで風が強かったそうだ。
西風3〜5m/sとなり、皆さん、リッジソアリング開始。メインTOから出た
人達もソアリング開始。2時に、タイミングを見て、小生テイクオフ。
すぐ+30m。左に移動。残念、日差しがなくなり、粘るがあげられず、
ランディング。10分。やはり、+50mは必要。
 歩いて、扇沢TOへ。3時に2本目、テイクオフ。今度は、移動せず、
リッジソアリングで、時間稼ぎ。リッジ帯が狭いので、5機は辛い。
よけながら、ソアリング。渋くなり、これで終了だと思い、LDへ。
+20m。20分。他の人は、トップランディングで様子見。
 トップランディングが正解でした。4時からアーベント状態で、
楽勝ソアリング。5時過ぎまで続きます。羨ましい。

 6時頃、移動。火の国ラーメンを食べ、阿蘇赤水温泉の火の山温泉に。
新しくて綺麗。500円。いい。ホテルの温泉で、ホテルも良さそう。
 インターネットカフェで、HP等チェックした後、その駐車場で、車中泊。12時消灯。


12月24日(水)
 6時半起床。インターネットカフェで、1時間15分いた後、大観峰に向かう。
飛べそうなら、昨日あった植村さん、松永さんが、一緒に飛んでくれるという
約束になっていたのだ。8時45分、大観峰に到着。早速、TOに風を見に行く。
西〜北西3〜6m/s。飛べそう。植村さんに連絡。仲間と11時頃、来てくれる
との事。10時半に風を見に行ったら、西5〜10m/sと強くなっている。辛い。
11時前に、富高さんより電話があり、鏡山は、その後も飛べ、3日連続
飛べたとの事。一昨日は、+1,300mで10kmアウトアンドリターンして
トップランディングとの事。昨日は、渋いソアリング。羨ましい。今日も飛べそう
だけどという電話だった。これから移動しても間に合いそうもないので、
こちらで待つことに。
 11時半頃、田中さん、植松さん、松永さん、石原さんが到着。
様子見。1時間程してから、TOへ行ってみる。まだ、強い。
寒いので、風下の影の部分で、ウェイティング。
 俵山の風力発電の話を聞く。風車が、11台建設予定との事。
フライヤーにとっては、辛い話だ。
 3時頃から風が少しずつ、穏やかになる。3時半頃から、準備開始。
まず、ダミーで田中さんに出てもらう。西風3〜5m/s。穏やか。
皆さん、楽勝リッジ+アーベントソアリングに。+30m〜+100m。50分。
トップランディング。至福の時を過ごしました。
 大観峰は、P証以上のパイロットで、トップランディングのみ。無料。
田圃が空いている時は、田圃に緊急ランディング。

TO

左から
植松さん、松永さん、
石原さん、田中さん。
世界一のカルデラを飛ぶ。  世界的景観。 凄いです。

 6時解散。彦しゃん、火の山温泉、インターネットカフェと寄ってから、10時に
北浦の道の駅に向かう。12時半着。1時消灯。


12月25日(木)
 6時半起床。海岸を散歩。支配人さんと話す。ここも、宿泊先に使える。
9時に売店で、名物の天然塩とにがりのセットをお土産として買ってから、
熊野江LDへ移動。天気がいい。無風。小野さんに電話。今日は、飛べそうもない
天気予報なので、誰も鏡山に集まらないとの事。

 海岸で、読書。10時半頃、海風が1〜2m/sと入る出す。トンビもガーグルを
近くの小山で作っている。鏡山TOに行ってみる。TOには、西のサイド風が、
0〜1m/sと入り始め、時折、ブローで1〜2m/s。TOでも5〜6羽のトンビが、
西のブローで、ソアリング。飛べるかも。しかし、12時半頃から北風が入りだし、
北から雲が張り出してきた。読書してました。
 1時にTOを出発。延岡で、渡辺校長に挨拶した後、一路宮崎港フェリー乗り場へ。
途中、屋台ラーメンで、とんこつラーメン。3度目。旨い。
 7時半、大阪南港に向け、フェリーが出港。

12月26日(金)
 6時起床。7時30分大阪南港着。一路、長野へ。
国道26号−25号−西名阪−25号−東名阪−19号。
家には、7時20分に着きました。11時間30分かかった。
 今回の総距離は、3752.5kmでした。

フライトのまとめ

No. 日付 エリア名 高度差 TO-LD距離 最高獲得高度 フライト時間 XC距離
1 12/8 造次郎 600m 2km +20m 33分
2 12/10 高平山 400m 2.5km +535m 36分
3 12/13 造次郎 600m 2km 0m 7分
4 12/14 高平山 400m 2.5km 0m 12分
5 12/16 伐株山 350m 1.5km +150m 16分 (トップラン)
6 0m 4分
7 +50m 40分 (トップラン)
8 12/21 鏡山 625m 3.5km +500m 1時間18分 17.5km
9 12/22 俵山 80m 1km +160m 37分
10 +10m 3分
11 12/23 俵山 80m 1km +30m 10分
12 +20m 20分
13 12/24 大観峰 トップラン トップラン +100m 50分 (トップラン)
九州自己研鑽フライト
飛行日数
(日)
確率 本数
(本)
最高獲得高度
(m)
最長フライト時間
(時間分)
総フライト時間
(時間分)
XC距離
(km)
9/19=47% 13 +535m 1時間18分 5時間46分 17.5km

 12月は、飛べる確率が低いとの事。特に、ここ2年程、鏡山エリアの確率が悪いとの事でした。
より確率の良い4月にツアーを組む予定です。