2002年12月3日(火)〜12月26日(木)にオーストラリアに自己研鑽に行って来ましたので、
その報告をします。(登場人物の敬称は、省略させて頂きます。)

12月3日(火)〜4日(水)
 朝4:50に起床。長野電鉄-中野6:43発⇒長野新幹線-長野8:00発⇒京成電鉄
-上野9:55発。成田空港に11:12に到着。機材一式27kgを背負い、両手に荷物10kgと
トニーとゴドフリーにお土産の地酒3kgは、辛い。
 一番安い大韓航空(65,000円、購入後62,500円に値下げになっていた)を使う為、
当然韓国経由。出国手続きは、パスポートを提示し、スタンプを押してもらうだけの簡単な
ものに変わっていた。
 成田13:55発⇒韓国仁川空港16:20着。4時間のウェイティングの後、20:20発⇒
シドニー空港4日8:15着。入国検査が厳しい。荷物を開けさせられて、チェック。なんとか
キャノピーを広げるのは阻止したが、パラブーツはクリーニングしてもらい、ハーネスも拭いて
もらう。皆さん、汚れたまま持っていくと時間が掛かりますので、綺麗にしていきましょう。
 入国。暑〜。トニーが、空港に迎えに来てくれていた。トニーは、シドニーに住む、
オーストラリアを代表するシェフ。マクドナルドにヘッドハンティングされたが、アーミーみたい
でやだと辞めて、今は、カレッジの講師と奥さんとパイのショップを共同経営している。
2年前、小生がヨーロッパ修行の旅のとき、ゴドフリーのツアーに参加していたトニー
と知り合いました。そして、最後、ゴドフリーとイタリアドロミテで別れた後、2人で、
フランスのイカロスカップを見に行き、飛びました。今回もオーストラリアに飛びに来いと、
情報を送ってくれました。そして、小生をマニラまで連れて行ってくれ、一緒に飛ぶ段取りに
なっていました。ありがとうです。

スタンウェルパーク左側 - 15kmリッジ 右側 - 50kmリッジ

 再会後、さっそく空港から30分のスタンウェルパークに向かいます。飛べる状況だったら、
飛ぼうということで。しかし、風はフォローの風が強く、TOとLDを確認して、終了となりました。

12月5日(木)
 風が強く飛べないということで、小生は、1人で、シドニーの市内観光に。

オペラハウス ハーバーブリッジ ボンダイビーチ

12月6日(金)
 今日も風が強く飛べないということで、トニーがお土産が安く買えるマーケットに
連れて行ってくれ、動物園にも行きました。

フェリーでシドニー動物園に コアラの家族 写真撮影用コアラ


12月7日(土)
 朝ゆっくりして、スタンウェルパークへ。遂にフライトが出来る。11時頃着くと、すでに5〜6機
のハングとパラがソアリングをしている。トニーの友達に挨拶したりした後、準備して12時頃、
テイクオフ。海風が4〜6m/sと素直に入っている。

TO 海抜174m 左に15kmリッジ TO左の第1ピーク - 必ず上がる
TOは2ヶ所-右に50kmリッジ LD - 中央の砂地

 1本目、左の第1ピークで+100mを上げ、楽勝リッジ。回さなくても行って帰ってくると上がる。
トニーをリッジしながら待つ。トニーに付いて、左側に3番目の尾根(5〜6km)まで
アウトアンドリターン。+100m〜+200m。+200m程上げてから、アクセルを踏んで、
尾根先端まで移動の繰り返し。戻ってきて、TO前で、海に出たり、上げ直したりして遊ぶ。
楽勝。トニーが降ろしたので、ランディングする。1時間25分。トイレトイレ。

2本目 LDを越え右の尾根をトップアウト TOにリターンできず

 2本目、トニーが、今度は、右側にクロカンだというので、TO左横で+300m上げる。
トニーが+150m程で海の上を右尾根(3km)に走ったので、アクセルを踏み、海の上
を進む。トニーは、低く走ったので、右尾根下段に着き、降ってしまう。小生は、中段に
着いて、そこから粘って上げ返してトップアウト。しかし、トニーが降ってしまったので、
進めない。そこで、もっと飛んでいようとTOへ戻ろうとしたが、+150mでリターンをかけた
ため、TO手前で断念。チャレンジせず、安全にLDに降ろす。55分。

3本目 TO左側4番目の尾根アウトアンドリターン TOから7〜8kmはあるでしょうか

 3本目、まだ飛べるということで左側の楽勝リッジコースに。トニーについて、4番目の
尾根までのアウトアンドリターン。(7〜8km)左側のコースは、谷が深すぎず、楽ちん
リッジです。でもキープハイで行かないと、降ろす場所がないので、低くなるとかなり
アドレナリンがでそう。リターンして、トニーがランディングしたので、降ろす。
1時間5分。え、4回目行くの。だったら、もっと飛んでいれば良かった。
今日の条件では、11時から6時まで7時間リッジできたと思われる状況でした。
素晴らしい景色の中、ボーッと飛んでいられます。ここは、リッジ天国です。

スタンウェルパーク TO:174m LD:4m 高度差 170m
No. 最高獲得高度
(m)
最高到達高度
(m)
最大上昇率
(m/s)
最大沈下率
(m/s)
フライト時間
(時間分)
+225 400 +2.8 -2.0 1時間25分
+300 475 +3.1 -2.1 55分
+150 330 +2.5 -2.8 1時間 5分

12月8日(日)
 シドニー近郊で山火事が多発していて、社会問題になっている。山火事のため
高速道路が不通となっているのと、風が強いので、今日は、トニー宅でごろごろ
していました。

トニー邸 ボートで遊べます

12月9日(月)
 トニーの所用と少しでも飛べたらと、ポートマッコウリー経由でマニラに出発。
残念ながらポートマッコウリーに着いた3時頃に雷雨。飛べませんでした。
ポートマッコウリーは、ハイアドベンチャーのエリアがあります。
そこのキャラバンパーク泊。夜にマニラに向かっていくと、途中、カンガルーに
ぶつかったりして危ないということで、移動は昼間に限るそうです。

12月10日(火)
 4時頃、マニラのゴドフリー宅に到着。残念ながら、雨で飛べません。
ゴドフリー宅にホームステイ。

左から

トニー

ゴドフリー

奥さんのスージー(若いです)

ブランドン(2m3cm、スケベです)


12月11日(水)
 今日も引き続き雨で飛べません。マニラに買出し。また、レットに挨拶に。
これで、2年前にヨーロッパであったゴドフリーチームに再会できました。

 左

 レット (昨年度のオーストラリアチャンピオン)

 右

 カール (オーストラリアNo1.アクロパイロット)

12月12日(木)
 飛べそうと11時にフライヤー保険A$55とマニラエリアフィーA$20を払い、準備。
しかし、風が強くずっとウェイティングに。ツアーで来ているドイツチームとLDでグラハン
&カイティング。4時頃、ドイツチーム+ブランドンが西TOへ。6時頃にハングがテイクオフ
してソアリング。7時頃ブランドンが出て、+300m程でソアリング開始。
その頃、LDでパラのトーイング開始。ここでもトーイング出来るんだ。
 トニーが、飛べるといって、準備開始。7時半頃、馬車号に乗って、3人が西TOへ。
8時15分、テイクオフ。もう充分暗いじゃんと思いながら。+170mで少々ソアリング。
おいおいどんどん暗くなっていくよ〜。ここ初フライトなんですけど。2人について行って
ゴドフリー宅のLD(4.5km)へ。15分。8時半のLDは、暗くほとんど見えません。
飛べてよかったけど、やだな〜。

 左    西TO 8時
      これからトップアウトしてゴドフリー
      宅のLDに行けるのか心配

 左下  8時17分
      トップアウトでき、ほっと

 下    8時22分
      かなり暗いぞ〜
      これから逆サイドのLDまで
      行かんといかんのだぞ〜


12月13日(金)
 天気はよいのだが、風が強く、飛べない。11時頃、トニーがシドニーに
帰っていった。ん〜、これから不安。1時頃、マニラに行くスタッフの車に乗り、
買出しに。6時頃戻ると、エディーが着いていた。エディーは、
グランボレとNASAでプロのタンデム屋さんをしている、大宮に住むインド人。
宮田さんと組んで、ツアーコーディネーターをしている。7〜8月は、シャモニー、
アヌシ―周辺。12〜3月は、ここマニラ。小生は、2年前にヨーロッパであったのだ。
やったー、これで安心。これでクロカンができる。
 6時40分頃、風が弱くなりだし、飛べるということで、西TOへ。
7時半テイクオフ。すでにゴドフリー、エディーがソアリングしている。
その後、スージー、ビジターさんも一緒に楽勝ソアリング。
+265m、45分。皆ゴドフリー宅のLDへ。エディーは、SATをして
降ろしていました。すげ〜。

 ゴドフリー : Ω6

 エディー  : Ω5

 スージー  : Ω5


12月14日(土)
 第1便で北TOに行ったドイツチームが、10時頃からフライト開始。北〜北西風。
まだ早く、粘りのリッジ。第2便で北TOへ。11時半頃、風が西風に変わり始めたとき、
ゴドフリーテイクオフ。風の変わり際だったので、その直前に出たパイロットは、
北と西とのシアで+1,000m程ゲインして、マニラへ走った。しかし、ゴドフリー、
サーマルをヒットできず、東LDにランディングしてしまいそうだったが、粘って、地面から
100m程から上げ直して、飛んでいました。残った我々は、西TOへ移動。そして、小生は、
12時20分、テイクオフ。イギリス野郎がタイミングよく上げて、マニラへ行ってしまう。
エディさんと小生は、+200m程上げてから降り始める。まずい、慌ててサーマルを探す。
狙いが当たって、サーマルヒット。中段から一気に+1,160mゲイン。やったー。
上げきって、周りをみたら左側に同レベルにゴドフリー発見。西風に向かって移動
しては、上げ直している。クロカンに出るのかな〜。とりあえず、高高度には、小生と
ゴドフリーだけなので、付いて行く。

西風(アゲンスト)に向かって移動。
クロカンってフォローで移動する
んだよな〜。
今日は、クロカンの風じゃあないので、
アウトアンドリターンかよと不思議に
思いながら、付いて行く。
共同センタリングで上げ直し+1,000m後
ゴドフリーが、南西方向のキーピット湖に
向かう。付いて行く。しかし、次の上げ直し
の時、ゴドフリーは、+1,500mまで
上げ移動したが、小生、+1,400mから
どんどん高度ロス。置いて行かれる。
対地100m程になってしまい、もがき苦しむ
がなんとか+800mまで復活。
完全にゴドフリーを見失う。
大平原一人ぼっち。
右も左もわからないんですけど。
とりあえずゴドフリーが移動した方向
に向かう。左に、マニラの町が見えた。
右にキーピット湖。
この頃、無線でゴドフリーがランディング
したことを知る。小生、このまま飛び続け
ますとは行ったものの、どうしましょ。
移動方向の南方向。マニラに帰れ
そうな道を探しているんですけど。
折角だからと距離を伸ばす為に、サーマル
を探す。ステッジマウンテン(605m)を
トリガーにしてのサーマルゲット。勢いよく
上がる(+7m/s)。上げきって、+2,240m
ゲイン(海抜3,100m)。
自己ベスト更新
(+1,550m:スイス、フィーシュ)
空は、青かった。濃いな〜。
お、タムワースの町発見。こちらで知って
いるのは、マニラとタムワースだけ。
3時間も飛び続けているので、かなり
トイレの心配が。タムワースまで頑張
ろうかとも思ったが、タムワースと
キ―ピット湖を結ぶ道をよーく見ると
その道のタムワース近郊には、
タムワース空港が。
無理して迷惑をかけてはいけないので、
移動方向左手のタムワースとマニラを
結ぶメイン道路を探す。
降ろすべく道路発見。
その道横の農場を捉える。
無事ここにランディングしました。
XC45km。総距離113km。
3時間40分。
農場から1時間程かかり脱出した後、
マニラまで(30km)ヒッチしなければ
帰れません。
1km程歩いた頃、親切なカップルが、
100m程行き過ぎてから戻ってきて、
乗せてくれました。
初ヒッチ成功。ありがとうございました。

 マニラからゴドフリー宅に電話したら、今日は、マニラのチャイニーズレストランで食事する
からマニラで待っていなさいとのこと。インペリアルホテルのバーでVB(ビクトリアビター)を
飲んで待つ。

ドイツチームと一緒に 今日の一番の飛びという事で ジャストマイサイズ


12月15日(日)
 雨で飛べません。ブランドンが、ブリスベンに帰っていった。今はまだ講習生だが、
オーストラリアチャンピオンを目指すと言っていた。スケベでは、すでにチャンピオンだ。

12月16日(月)
 44歳の誕生日です。海外での誕生日は、3度目。
(31歳:イギリス-オックスフォード、32歳:アメリカ-ソルトレイク)
 11時の第2便に乗り、西TOに。馬車号には、運転手を含めて17名乗車。
ゴドフリーが、講習生に講習をしていた。西LDには、スージー。

 講習生を飛ばせた後、ゴドフリーが飛ぶ。講習生が、TOに戻ってくるまで、
飛んでいるのだ。着たらトップランディングして、講習という具合。
エディーが出て、2人は上げていった。1本目、12時15分にテイクオフ。
ん〜、今日は渋い。+444m。すぐTOレベルに下がってしまう。
右方向に探しに行ったが、無く、低くなってしまう。西LDにランディング。51分。
西LDからの上りがまた凄い。雨が降ったらまず無理。
 2本目、2時10分テイクオフ。まだ渋い。+200m程。トップランディングして、
少し前に出たエディーは、+800m程上げ、クロカンに。小生、粘って、サーマル
ヒット。+500m。この時点で、渋いのでクロカンは考えていず、時間を稼ごうと
思っていた。

西TO前に出ようとしたが、シンクがきつく、
高度が落ちていく。からんで飛んでいた
ドイツのパイロットが、ゴドフリー宅LDの方に
向かったので、小生もゆっくり降ろそうと
思い追う。
途中、弱いサーマルでセンタリング。
風に流され、ゆっくり高度を稼ぎながら
風下へ。
下では、低い高度で粘っている機体がいる。
+600m。折角だからと、そのまま
流していく。
スピリットロックダムあたりまで行こうか。
ドイツのパイロットが先行する。
そのサーマルで、+500m。
マニラに向かうメイン道路を確認。
この道路沿いで行けるとこまで
行ってみよう。20kmぐらいかな〜。
道路横の丘をサーマルを探しながら、
アクセルを踏んで進む。
今度は、小生が先行。
クラウドストリートなし。
あそこの家のトリガーでと予想して行ったら
サーマルヒット。そのまま、雲底に。
+1,500m。(海抜2,400m)
やりました。できかけ。ジャストでした。
ドイツのパイロットは、小生のサーマルに
乗り遅れ、降ってしまいました。
また、一人になってしまいました。
上げきって、アクセルを踏んで、北上。
お〜、あれはバラバの町か〜。
バラバの町(35km)を捉える。
下を見て、サーマルを探しながら進む。
家が、トリガー。
バラバの手前で、サーマルヒット。
+1,200m(海抜2,100m)
第1目標クリアー。
さらに距離を伸ばそう。
バラバから伸びている道に沿って。
ここで+1,060m(海抜2,000m)に。
げ〜、進行方向右手になんかいやな
感じの雲が。
あれって、雨降ってるよね〜。
今日は、感がさえ、調子よくサーマル
ゲットしているから進みて〜。
でも、怖いよね。落ちたら嫌だな〜。
小心者の小生は、降ろすことを決断。
ランディング場所を決定。
こういう時にも、サーマルはある。
道横50mの所にランディング。

XC60km。総距離96km。2時間30分。


さあ、パッキング終わって、これから
ヒッチして帰るぞ〜。

2km程歩いた所で、品のよいおばさんが
止まってくれました。
マニラまで1時間程、日本経済の話、
北朝鮮問題の話等話しながら。
いろいろ話し掛けられるもので。
途中、小雨にあい、虹もみました。

 マニラで電話をして、迎えを頼む。1時間程インペリアルのバーで待つ。
スタッフのスティーブが来てくれた。マニラまでの回収は、A$5です。
 9時に戻ると、エディーがカレーを作ってのディナーの後だった。
エディーは、バラバアウトアンドリターンしたそうだ。
カレーの残りを頂いた後、話の流れで、誕生日だと話すと、皆が、
祝ってくれた。ウィスキーとケーキ。どうもでした。


12月17日
 いつものように第2便で西TOへ。
12時10分にテイクオフ。

すぐ+400m。しかし、まだ強くなく、
下がったり、+500mに上げ直したり。
前方の勢いよく上げてくるハングに
かぶって、+1,300m。
(海抜2,200m)
この高さで、回しながら尾根上を北上。
サーマルをヒットしては、上げ直しながら
移動。時折、翼が一気に潰される。
オオ〜、いやだいやだ。
今日は、5機程先行していて、3機程で
追う展開。もしかして、100km。
すぐ前を先行している機体のサーマルで
+1,700m。(海抜2,600m)
しかし、すごいシンクで、+500mに
なってしまう。先行していた機体が、
リターンしていく。え〜、また1人?
丘のトリガーを使いたいが、そこは、
小心者、道方向のサーマルを探して、
移動。今日は、ヒットできず、無念の
20km。
リターンした女性パイロットは、その後、
サーマルをヒットして、40km飛んだとか。
そうか戻ってもいいんだ。
農地の道横2m。メイン道路まで100m。

XC20km。 1時間25分。

畳んでいると、大きな黒牛が、こちらを
にらんでいる。落ち着いて、落ち着いて。
どうもでした。
2km程歩いた所で、やさしそうな
おじさんが乗せてくれました。
冷たいコーラ、ご馳走様でした。

 講習終了後、マニラに買出しに来ていた講習生のカップルに乗せてもらい、
ゴドフリー宅に戻る。ラッキー。
 今日の一番は、一番先行していたイギリス人のパイロットで、120km。
ゴドフリーは、講習後、110km。

12月18日(水)
 第1便で西TOへ。風が5〜6m/sと強めに入っている。
エディーが様子見で出て、トップランディング。荒れていないとのこと。
他に2名が飛んだが、小生はさらに様子を見る。強くなってきていた。
11時半頃、第2便でゴドフリーが来て、様子を見る。しかし、もっと強くなる
というので、カール、エディー、サンチアゴ(コロンビアのイントラ)を除いて、
戻った。2時頃、3人は、飛んで、ゴドフリー宅LDにランディング。
小生は、無理してもねということで、飛ばず。
非常に暑い日で、5時頃、雷雨。なんと1cm程の雹が降ってきた。


12月19日(木)
 朝、風が強いとゴドフリーが判断したのか、11時10分に第1便がでる。
なんと驚異の18人乗り。南TOへ。風が変わり、いつもの西TOに移動。
イギリス人のパイロットが、+1,000m上げ、移動。次に、カールが確実に上げて、
スピリットロックダム(16km)にアウトアンドリターン。
 1時頃、小生テイクオフ。+500m上げ、渋そうなので、25分でトップランディング。
様子を見ていて、皆が上がり始めた2時頃再び、テイクオフ。ちょっと遅かったか。
しかし、粘って、+1,000m。そして、ゆっくり移動。

尾根上を北上。
バリオがなる所では、センタリング。
+1,300m。(海抜2,200m)
尾根が終わり、バラバを捉えたところで、
バラバ以北に巨大な積乱雲。
バラバは、すでに雨?
クロカンできる状況ではないので、
13kmからアウトアンドリターンに。
ゴドフリー宅LDまで13km。
南風が強く、進まない。
アクセル踏んで、20km/h弱。
高度を稼ぐ為に、センタリング。
流されて、14kmと遠くなる。
そこで、アクセル踏んで戻れる所まで。
2.5km戻れただけで、11.5km地点に
ランディング。
マニラにもどるメイン道路横30mに
ランディング。1時間。
昔、ここに汽車が走っていました。
レール跡あり。
2km程歩いた所で、頼もしい
トラック野郎に乗せてもらいマニラに。
運転席たけ〜。

マニラでサンチアゴにあい、その後、フランス人のパイロットカップルのテリー&
ナタリーに車で、キャラバンパークに連れて行ってもらう。そこで、お土産の
Tシャツなどを買う。その後、テリーにゴドフリー宅まで送ってもらう。ラッキー。

12月20日(金)
 10時の第1便で西TOへ。11時10分にテイクオフ。まだ渋いので、
フライト時間を稼ぐ為に出る。+500m。しかし、続かない。探す。
2km程離れた所でやっとヒット。+450m。TO前に戻ってきて、
講習生がヒットしたサーマルで、+900m。トップランディング。
1時間。
 第2便到着。12時半頃、講習生を飛ばし終わったゴドフリーがテイクオフ。
最初苦労していたが、沖の方で上げ始めると、エディーがすかさず出る。
+800m程上げ、北西方向に移動していった。小生は、ブローが強くなってきた
1時10分にテイクオフ。

TO前の皆のサーマルへ向かっていき、
そのサーマルで+900m。
今日は朝から曇りで、やっとこ積雲が
出てきた状況。
クラウドストリートっぽいので、XCスタート。
尾根上風上側を北上。思ったよりリフトなし。
日の当たっている尾根斜面に向かい、
サーマルヒット。+800m。尾根先端部で
ヒット。+1,120m。(海抜2,000m)
17日のXC20kmで降ってしまった時の
反省から、トリガーを意識して、道路から
離れるが、左側の丘ルートを選択。
風は、北西から南西に変わっていた。
探して、なんとかヒット。+1,000m。
バラバを捉える。
前方左側100km程向こうに
サンダーストーム。
上空の雲のお陰で、強いサーマルは
あるが、回さず、突っ切ってバラバを
越えた所で降ろすと決断する。
サーマルがきついので、突っ切ると
バサッといって潰され一回転。
当てて回復。(-10m/s)
やだやだ。
サーマルは、上げきるものですね。
さて、ランディング場所はと。
16日のXC60kmのときに見て
いる風景なので、慌てず道路横の
空き地を探す。
バラバへのメイン道路横50mに降ろす。
しかし、道路との間に柵があるので、
道路に出るのに30分程かかる。
近くでゴロゴロ鳴っている。

XC38.5km。1時間30分。
ルート確認できた?

2km程歩いて、大工さん?に乗せて
もらう。バラバでちょっと用事があるからと、
スーパーの前で休んでいてと言われ、
ザックを乗せたまま10分程いなくなった
時は、ちょっと心配でした。
マニラまで飛ばす飛ばす。

 8時頃、買物後のエディーの車で、ゴドフリー宅に戻る。
エディーは、北方面が雲行きがよくなかったので、スピリットロックダム(16km)
アウトアンドリターンしようとして、南風に捕まり、リターンできなかったとのこと。


12月21日(土)
 10時の第1便に乗り、西TOへ。11時頃、+700m程上げている
機体がいるが、他は上がっていないので、様子を見る。
 12時10分、ブローに合わせ、テイクオフ。+350m。
続かない。探す。ヒットしたエディーにかぶっていき、+1,000m。
この時、3機程移動。しかし、もう少し上げてからと、サーマルを探す。前方で
勢いよく上げている機体にかぶっていき、+1,300m(海抜2,200m)。
その機体がXCにスタートしたので、付いていく。

いつものように尾根上を北上。
6機ほどで移動。尾根半ばで、皆の
サーマルで、上げ直し。+1,100m。
先行していた機体が、メイン道路近くの
丘(5km程先)でヒット。雲底に。小生より
100m程高い機体が、そちらに移動。
その場所は、XC20kmで降ってしまった
ルート。迷ったが追って移動。
2機目も、サーマルに間に合って、雲底に。
待ってくれーとアクセルを踏んで進むが、
シンクと2度潰されたりして、低く着く。
あれ〜、天国への階段がはずされてる〜。
あえなく、ランディング。
マニラへのメイン道路横30mに
ランディング。
あ〜、失敗。悔しい。

XC14km。52分。

XCは、難しい。だから楽しい。
練習、練習。
畳終わって、上空を見ると、先行して、
雲底まで上げ直した2機と、一旦戻って、
尾根でサーマルを待って、上げ直した2機の
計4機がバラバに向かって行くのが見えた。
88kmまで行ったとのこと。

1人で飛んだほうが、冷静な判断が出来る?
今の所、我慢して様子を見るということが
できていない。
500m程歩いた所で、突然車が止まり、
エディーが出てきて、乗れと言う。
エディーは、小生より低く尾根を移動
していて、なんとか上げ返したが、20km程
で降ってしまったとのこと。そして、すぐ、
ヒッチして、戻るところだった。エディーの
ヒッチした車の荷台(ワゴン車)に便乗。
エディーは、しゃべるしゃべる。運転手を
飽きさせない。えらい。
そして、マニラへの途中のゴドフリー宅への
分岐点で降ろしてもらう。
エディーが携帯電話して、スージーに
そこまで迎えに来てもらう。
めちゃくちゃ、楽。

今日は、XCの難しさ、悔しさ、それゆえの楽しさをわかった日となった。
しかし、回収のことを気にしないでXCできるって楽で、素晴らしい。
エディーのツアーで100kmXCをしない手はない。
無線誘導付き、回収付き。ラッキーだけで100kmは行けるとのこと。
皆さん、このツアーは超お薦め。


12月22日(日)
 朝から風が強い。11時半に第1便が出る。
西TOで様子見。エディーは、テイクオフして、状況を見る。トップランディングして、
まだ早いとの報告。
 12時半頃、事故発生。2機がほぼ同時にテイクオフして、後の機体が、
シンクしてしまい、急斜面に降下して、キャノピーが木に引っかかり、
パイロットが斜面に激突した模様。

すぐに、救急隊とヘリを要請。
救急隊は、20分後。ヘリは、30分後くらい
に到着。
すぐ、救出してタムワースの病院に行く
かと思ったら、なれていず、1時間ぐらい
掛かってから、病院へ。
2年前のシャモニーの時は、5〜10分で
来て、5〜10分後には、病院に運び
込まれたけど。ここでは、このようなことが
年1回あるかないかなので、手間取ってる
との事。―エディー談
スペインのピエドラヒタでも1時間程
かかっていたな〜。

 パイロットは、スイスから飛びに来ていた女性でした。腰の圧迫骨折。お大事に。
全て帰ったのが、2時半。その時、風が強かったので、馬車号で戻る人も。
エディー、サンチアゴ、小生が残り、風待ち。5時頃、多少風が弱まったので、
皆でテイクオフ。すぐ、+150m/s。風が強い為、サーマルは流されてしまう。
2人は、+150m程からセンタリングしながらゴドフリー宅方向へ。
小生は、もっと上げてからとサーマルを探したが、ヒットできず、+50mに。
置いてかれるのは、いやなので、低いまま、左の吹き向けからLDへ。
やはり、荒れていて、バコバコ。踊りながら、LDまでの中ほどまで。
2人は、弱いリフトで、ずっとセンタリングして、移動。マニラまで行きました。
小生は、弱いリフトで多少上げ直したけど、このまま行って、ゴドフリー宅LDから
中途半端に離れて降りたくなかったので、粘るのを止め、ランディング。
飛べたということで。


12月23日(月)
 真夜中、凄いサンダーストーム。稲光と突風。テントの支柱を押えながら
我慢して、寝てました。小生のいびきがうるさいということで、16日からテントぐらし。
皆さん、いびきをかく人は、嫌われますよ。
 いよいよ100km挑戦も今日、明日しかない状況に。
しかし、サンダーストームの影響で、すごくウェット。サーマルのパワーが心配。
 12時半にやっとこ馬車号が西TOに出発。フライヤーがなかなか集まらなかったので。

1時半頃、マイク(スイスのコンペティター)、
サンチアゴとテイクオフ。まだ、渋い。
1時45分、テイクオフ。粘って+500m。
マイクは、+500mで三角タスク50kmに
出て行く。小生は、上げたり、下がったり。
皆、同じサーマルでセンタリングして、
+1,000m。皆、東(ゴドフリー宅方向)に
移動していく。出来るだけ上げてからと、
一番最後に他機を追う。
低く移動した人達は、対岸の丘(10km)に
たどり着けず、マニラへのメイン道路
付近に降ってしまう。
小生は、先行するタンデム機がゆっくり
上げていくのを見て、そのポイントで粘り、
上げていく。対岸の丘のトリガーで雲底に。
+1,650m(海抜2,530m)

対岸の丘からボーラ山(TO)を見る。
先行した青い機体は、左ルートで対岸に。
風は、西から南西に変わっていた。
同じ頃、青い機体も雲底に。そして、湖に
移動していった。
小生も、最後のXCに出ようとも考えたが、
この状況だと20km程で降りそうなので
ゴドフリー宅LDにリターンすることにした。
南風に向かって、アクセルを踏み進む。
LDには、届きそう。
しかし、LD手前で大きく潰れる。
やだな〜。
LDに300m程の高度を残し、着く。
リターンできました。
ヒッチしなくていいので、楽。

総距離61km。1時間55分。

12月24日(火)
 飛べる最終日。朝から強風の為、飛べません。
そこで、昼頃、マイクに乗せてもらい、キャラバンパークに。

知る人ぞ、知る有名なマニラのキャラバン
パーク。オーナーは、フランス人夫妻。
昨年、サンディーコシュパンが、XC世界
記録を狙いに来て、ここでずっと泊って
いました。
ここは、綺麗だし、くつろげます。
皆さん、ここの川で飛べない時遊ぶそうです。
明日、帰るので、レットに挨拶に行ったら、
中で、すでにやっていました。
左手前から、元オーストラリアチャンピオンの
エンダ、現チャンピオンのレット。
2人は、昨シーズン、301kmXCしました。
生徒2人に、右がカール。

腕にパラの刺青をしている人は、レットの
お母さんの友人とのことです。レットにパラを
習っています。かっこいい栓抜きの
アクセサリーを頂きました。

エンダにゴドフリー宅まで送ってもらいました。
そして、スタッフの皆とミニサッカーをして
遊びました。
皆さんに、親愛の情をこめて、ハイポーズ。

こういう人達と、パラでは負けていますが、
ビールの早飲みと量では負けていないので、
仲良くやっていっています。

レットは、『ヒロは日本人で一番。いい友達。』
と言って、誉めてくれますが、多分、ビールに
関してですかね。
ゴドフリーは、『変なおじさん』と言います。


マ ニ ラ 西TO:890m  LD:380m 高度差 510m
No. 最高獲得高度
(m)
最高到達高度
(m)
最大上昇率
(m/s)
最大沈下率
(m/s)
XC距離
(km)
フライト時間
(時間分)
1 12/12 +170 1,080 +2.8 -2.6 4.5(LD) 15分
12/13 +265 1,175 +2.6 -2.2 4.5(LD) 45分
12/14 +2,240 3,120 +7.0 -7.2 45 3時間40分
12/16 +445 1,275 +4.2 -4.0 西LD 51分
+1,500 2,745 +8.0 -6.0 60 2時間30分
12/17 +1,700 2,540 +5.8 -7.5 20 1時間25分
12/19 +500 1,395 +3.7 -4.2 トップラン 25分
+1,300 2,248 +6.7 -9.4 13(リターン) 1時間   
12/20 +900 1,789 +5.8 -5.5 トップラン 1時間   
10 +1,120 2,084 +5.8 -10.0 38.5 1時間30分
11 12/21 +1,250 2,159 +6.2 -7.2 14 52分
12 12/22 +150 1,169 +4.5 -4.5 4.5(LD) 22分
13 12/23 +1,650 2,531 +5.5 -5.8 10(リターン) 1時間55分
オーストラリア自己研鑽フライト
飛べた日数
(日)
本数
(本)
最高獲得高度
(m)
最高到達高度
(m)
最大上昇率
(m/s)
最大沈下率
(m/s)
最高XC距離
(km)
最長フライト時間
(時間分)
11 16 +2,240 3,120 +8.0 -10.0 60 3時間40分
確率 総フライト時間
(時間分)
11/21=52% 19時間55分


12月25日(水)
 いよいよマニラを去る日です。

今日は、クリスマスなので、ゴドフリーが
皆にクリスマスプレゼントをくれました。
小生には、地ビールの詰め合わせ。
ありがとうございます。
しかし、重いしかさばるので、持って帰る
のが辛い。でも、ゴドフリーの気持ちに
応えて、しっかり持って帰りました。

お別れの記念撮影の後、ゴドフリーの
母親のエリザベスにマニラまで
送ってもらいました。
バスでタムワースに行き、列車で
シドニーに行きました。

 シドニー駅にトニーが迎えに来てくれ、シドニー空港に送ってくれました。
トニー、ありがとう。お陰で、楽しく飛ぶことが出来ました。
シドニー空港21:30⇒仁川空港26日6:20着。

12月26日(木)
 仁川空港9:20発⇒成田空港10:50着。
京成電鉄、新幹線、長野電鉄と乗り継いで、家に17時に着きました。
次回は、XC100km、出来れば200kmオーバーしたいです。